ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2017年05月19日

2017年GW小さな旅(4) つくば道と平沢官衙遺跡に行ってきた!

GW気分はとっくに抜けていますが、GWに出かけた時のことを書きます。
(…といっても市内ですが。)



実家の両親が来ていたのですが出かけるのが遅かったので、近場をドライブすることになりました。
筑波山に登りたいと言っていたのですが、GWだから混んでいるだろうし、麓で見たことのないところを案内することにしました。

まず行ったのが、つくば道です。

入口に高さ3mはあろうかという大きな道標が建っています。
右側には、「ここよりつくば道」と書かれています。
左側には、「にし おふそね(大曽根) いちのや(一ノ矢) 江戸」と書かれています。

大曽根も一ノ矢も、旧県道19号取手筑波線沿いの地名です。
その昔は、谷田部の方から苅間を抜けて、このつくば道から筑波山を目指したのでしょうね。

以前、苅間辻にある道標について、何度か記事にしたことがあります。
(…と無理やり研究学園と関連付けてみる)

【苅間の道標に関する記事】




このつくば道は、昭和61年に旧建設省(今の国土交通省)の日本の道百選に選ばれています。



昔の人は、この道を通って筑波山神社にお参りしていたんでしょうね。



先ほどの道標を反対側から見ると、「ひだり きよたき つちうら かしま」と書かれています。
「きよたき」は、土浦市の小町の郷近くの「清滝寺」のことでしょうか?
「かしま」は最初「かしは」かと思いましたが、「満」を崩した変体仮名のようです。

柏市という地名は新しいのでおかしいなという感覚が正しかったみたいです。
鹿島へは今でいう国道125号(と国道51号)とでつながっていたのでしょうね。



こちらは現代の道標。
4kmちょっとで筑波山神社まで行けます。
歩いてもそれほど大変ではないです。



↑つくば道の道標の地図です



少し移動して、平沢官衙遺跡にも行ってきました。
この広々とした風景が好きです。
両親も気に入ったようでした。



城山をバックに、傾きかけた太陽の光を反射した田んぼがきれいでした。





同じカテゴリー(道路)の記事

Posted by Science_City at 01:18│Comments(0)道路風景歴史
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。