ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2018年07月11日

竹園のNTT社宅跡地は転売されたのか?!

先日、竹園の方に行きましたが、NTT社宅跡地は相変わらずそのままでした。

【NTT社宅跡地に関する記事】




1つ変化があったのは、「竹園再開発事業(株)所有地」という看板が無くなっていたことです。
  続きを読む


Posted by Science_City at 08:26Comments(4)まちづくり

2018年06月30日

ライトオン本社ビルが売却される!

西武・イオンの撤退、アイアイモールの飲食店全店舗の閉店と、景気の悪い話が続くつくば駅周辺ですが、また新たなニュースが入りました。

【関連記事】




今度はライトオン本社ビルが売却されるそうです!
(情報源:茨城新聞「ライトオン、本社ビル売却 譲渡先と賃貸契約 土地や建物有効活用」)
  続きを読む


Posted by Science_City at 14:52Comments(4)まちづくりお店

2018年06月18日

ついにアイアイモールの飲食店がすべて閉店する!

最近、公私ともに忙しいため、ブログの更新もコメントへの返信も滞りがちですみません。



35年にわたりアイアイモールで営業していたシェーキーズが5/20限りで閉店になりました。
先日、近くを通ったので、その後のレストラン街の様子を見に行ってみました。

【シェーキーズ閉店に関する記事】

  続きを読む


Posted by Science_City at 01:01Comments(16)まちづくりお店

2018年05月19日

UR跡地にできるマンションの工事が始まっていた!

皆さま、突然ですが「マンションポエム」という言葉をご存知でしょうか?
新築マンションの過剰に詩的な宣伝文句、「静謐な森の楽園に住まう」みたいな、パッと見ではすごそうだけれど、よく読んでみると何を言っているのかわからない、雰囲気だけの宣伝文句のことです。
以前、マンションポエムをパロディ化した日清食品「どん兵衛」の宣伝が話題になりました。
(※この宣伝をご存じない方、ぜひ1度見てください。クスッと笑ってしまうこと間違いなしです!)

閑話休題。
またまた今回も竹園の話題です。
竹園の土浦学園線沿いにあったURのオフィス跡地は、売却されて分譲マンションになることになり、解体が進んでいることを以前に記事にしました。

【UR跡地に関する記事】




写真左側に建っていたURの跡地は既に完全に跡形もなく、マンションの建設工事が始まっていました。
モダンで良い感じだったURの建物が活用されなかったのは本当に残念です。
  続きを読む


Posted by Science_City at 18:51Comments(0)まちづくり

2018年05月18日

竹園1丁目の公務員宿舎が解体中でマンションになるみたい!

竹園の話題が続きます。

【竹園エリアに関する記事】



NTT社宅跡地の方からペデを通って歩道橋を渡ると、竹園一丁目住宅の803棟が防音パネルに囲われていました。
確か、ここは廃止済みの公務員宿舎だったはず…と思って、反対側に回ってみました。
  続きを読む


Posted by Science_City at 01:15Comments(0)まちづくり

2018年04月04日

みどりの駅前に大きな飲食複合施設が建設中!

先日、みどりの方面に行く機会があったので、駅の周りをぐるっと一回りしました。
そうすると、駅東側の駐車場だったところに結構大きな建物が建設中でした。

【みどりのに関する記事】




みどりのの開発は、最近勢いがついてきた感じですね。
TXの電車の中から見ていても建物が随分と増えてきました。

駅前も昔の研究学園駅前のようにコインパーキングだらけでしたが、少しずつ街らしくなってきました。
  続きを読む


Posted by Science_City at 08:43Comments(1)まちづくりお店

2018年03月16日

研究学園駅南口のウインズヒル予定地は売却されるみたい!

研究学園駅の南口を出てすぐ左手に、舗装もされていない細長い空き地があります。
この土地は、吉瀬にある中古車販売会社ユーストカークボヤが(たぶん10年くらい前に)落札した土地です。
ここに5、6階建てくらいのテナントビル「ウインズヒル」が建つ予定でした。

【ウインズヒル予定地についての記事】




以前は、洒落た外観の「ウインズヒル」の完成予想図が書かれた看板に、「テナント募集中」と書かれていたのですが、いつの間にか看板が無くなっています。
  続きを読む


Posted by Science_City at 06:44Comments(4)まちづくり

2018年01月22日

研究学園駅地区の人口が1万5千人を突破していた!

一昨年(2016年)に、研究学園駅地区(研究学園1~7丁目、学園南1~3丁目、学園の森1~3丁目)の人口が1.2万人を突破したという記事を書きました。

【つくば市の人口に関する記事】



(人口データの出典:つくば市公式サイト「行政区別人口表」

毎年の1月1日現在のTX沿線開発地区の人口をプロットしたのが、上のグラフです。
研究学園駅地区の人口は、13年で人口1.5万人と計画人口2.5万人の6割まで達しました。

ちなみに、みどりの駅地区の人口も急増して、今や8千人を突破しています。
義務教育学校がこの4月に開校することが決まっているからでしょうか。
以前はみどりのよりも、万博記念公園駅周辺の香取台・諏訪・陣場の人口の方が多かったのですが、万博記念公園駅前はマンション開発が一段落したのに対して、最近のみどりのの勢いがすごく両者の人口は逆転しています。

一方、駅から離れた開発地区である、春風台(さくらの森と流星台は造成中のため人口はゼロ)はようやく800人弱、上河原崎・中西地区はわずか250人ほどです。
春風台は2、3年もすれば1000人を突破しそうですが、上河原崎・中西地区の方は駅に近いエリアもあるのに、なかなか人口が増えませんね。
今後圏央道のスマートICが建設され、ホームセンターのコメリもできるということで、開発に弾みがつくといいですね。
  続きを読む


Posted by Science_City at 08:04Comments(1)まちづくり

2017年12月25日

筑波大のアリーナ建設予定地が吾妻の職員住宅の場所に決まった!

以前、ブログでも取り上げた、筑波大学が計画しているアリーナの建設予定地が、当初想定されていた春日地区(旧図書館情報大学)ではなく、吾妻2丁目の職員住宅が建っている土地に決まったという報道がありました!

【筑波大学が計画しているアリーナに関する過去の記事】



※建設予定地内にある823棟

【関連する新聞記事(いずれも12/22付)】
・茨城新聞「筑波大アリーナ 候補地は職員住宅敷地 20年度にも開業
・読売新聞「アリーナ、職員宿舎の敷地に新設…筑波大
・毎日新聞「アリーナ整備 TXつくば駅「市の活性化図る」 7000人以上収容
・日本経済新聞「筑波大、アリーナ建設候補地を決定
・日刊建設工業新聞「【事業スキーム具体化めざし関連業務発注へ】筑波大学、アリーナ新設の候補地決定

春日地区に建設する場合の想定は、西大通り沿いの自然林をほぼ全部伐採する計画でした。
以前の記事にも書いたように、これはつくば市の地区計画に全く適合しない計画で、とても賛成できない案でした。
駅からの距離も10分程度かかると想定され、駅から近道をしようとするとキャンパス内を抜けることになり、集客施設を造るにはあまりふさわしい立地とは言えませんでした。

しかし、吾妻2丁目の大学宿舎の場所であれば、駅からも徒歩5分ほどと近く、中央公園から図書館の脇を抜けて、道路を渡ったところですから、多数のお客さんが集まるイベントでも対応できそうです。
(ただ、今お住まいの方は追い出される形になるので、複雑な気持ちだろうと思いますが…。)  続きを読む


Posted by Science_City at 06:51Comments(9)まちづくり公共施設

2017年12月10日

学園の森の複合娯楽施設用地で地盤調査が行われていた!

1年半前に、ボウリング場、バッティングセンター、ゲームコーナー等の複合娯楽施設の用地として落札された用地が、学園の森中央交差点の南東側にあります。
「テナント募集」の看板が建った以外には、土地の落札以来ずっと変化がありませんでした。

【学園の森の複合娯楽施設に関する記事】




2週間ほど前に現地を通りかかったら、地盤調査が行われていました!
  続きを読む


Posted by Science_City at 01:05Comments(2)まちづくりお店

2017年11月29日

【12/10追加・削除】葛城西線沿いに建築中の謎の建物についての論点をまとめてみた!

(指摘をいただき、事実と相違していた部分を12/10に削除・修正しました。)
学園の森1丁目の方々が危惧されている「歩行者専用道路に自動車が走る?」という問題について、多くのコメントをいただきました。

続けてこの話題に触れると火に油を注ぐリスクもありますが、昨日の記事だけを残しておくと誤解を生み続けそうなので、あえて2日間連続で記事を書きます。

【前回の記事】



※個人宅の画像削除の要望があったため、当該部分を削除しました。(12/10追記)

誰が悪いとか、誰の責任だとか言っても、問題の解決につながらないと考えます。
そこでこの記事では、論点を整理して暫定的なまとめとしたいと思います。
  続きを読む


Posted by Science_City at 06:27Comments(35)まちづくり建築

2017年11月28日

【12/10追加・削除】葛城西線沿いに建築中の謎の建物!

(指摘をいただき、事実と相違していた部分を12/10に削除・修正しました。)

葛城西線沿いに歩行者専用道を車が走る設計になっている建物が建築中だというコメントをいただき、見に行ってみました。


※個人宅の画像削除の要望があったため、当該部分を削除しました。(12/10追記)

確かに歩行者専用道(ペデ)に面してシャッターが3つ付いたガレージが建築中でした。
このガレージは主として車の展示を目的としたもののようですが、ペデ上で転回しない限り車を出し入れすることができない構造です。
  続きを読む


Posted by Science_City at 01:09Comments(46)まちづくり建築

2017年11月26日

【悲報】イオンつくば駅前店が完全閉店する!

このブログの左下の方に私宛にメッセージを送ることができる「オーナー宛メッセージ」のボタンがあります。
最近、同じ話題で立て続けに2通のメッセージをいただきました。
それは、「イオンつくば駅前店が閉店する」という話です。

初めにメッセージをいただいた方は、「来年2月末で閉店するという噂を聞いたが、何かご存知でしょうか」という内容だったので、「閉店ならば公式にアナウンスがされるでしょうが、今のところ何もないですし、西武の閉店も2月末だったので、ごっちゃになった噂かもしれません。」といった返信をしました。



次にメッセージをいただいた方は、お客様からの意見に答えるために設置された、店内のメッセージボードに「今年度中に閉店」と書かれているという情報が書かれていたので、見に行ってきました。
  続きを読む


Posted by Science_City at 01:50Comments(17)まちづくりお店

2017年11月14日

学園の森3丁目の土地の落札者は茨城トヨタ!

学園の森三丁目50番8の入札が今日(もう昨日か)行われましたが…

【入札実施前の記事】



落札者は、「茨城トヨタ自動車株式会社」でした!!!
残念ながら、またしても自動車販売店でした。

しかも、茨城トヨタって、どういうことでしょうか?
すぐ隣にネッツトヨタが建設予定で、通りを少し西に行ったところにはトヨタカローラ南茨城があります。
少し南に行けば、最近オープンしたばかりの茨城トヨペットがありますよね。
どうしてこんなことになるのか、調べてみました。

【ネッツトヨタ・トヨタカローラ・トヨペット関連記事】

  続きを読む


Posted by Science_City at 01:23Comments(14)まちづくりお店

2017年11月07日

つくば市学園の森三丁目50番8の土地の入札が実施される!

研究学園駅地区(研究学園・学園の森・学園南)で茨城県が保有する大規模な土地はだいぶ少なくなってきました。
まだ売却されていないのは、コストコの南側の土地の大部分、ローソンサイエンスシティ店の北側の土地の一部、パチンコビッグマーチの北側の土地の一部の3筆です。

ここのところ動きが無かったのですが、久々に茨城県保有地の土地の入札に関するお知らせが出ていました!
(情報源:「TX沿線地区における商業・業務施設用地の分譲に係る公募について(葛城地区)」)

【茨城県保有地の入札に関する記事】




場所は、こちらです!
ただし、この看板の現在地は間違っています。
この看板が建っているのは、ビッグマーチの北東、西平塚T字路交差点の東側です。

また、売却対象の土地も看板に描かれたピンクの部分全体ではなく、「現在地」と書かれた文字の右側の一部だけです。
面積だけは正しく修正されていますが…。

ピンクの土地の北側は(仮称)つくば警察署が、南西の角地はネッツトヨタができる予定です。
  続きを読む


Posted by Science_City at 01:34Comments(13)まちづくり

2017年10月02日

学園の森の日本郵政の土地で「Eプロジェクト(仮称)」がスタート!(追記あり)

研究学園を南北に縦貫する幹線道路「境松西平塚線」沿いの学園の森3丁目、建設中のトヨペットとポルシェの間にある1万6千平米約55,600平米の広大な土地を日本郵政が購入したのは昨年のことでした。(※10/2修正)
それ以来、地質調査をして建物の設計が進められていました。

【日本郵政が購入した学園の森の土地に関する記事】




このたび設計が終わって建設に着手するようで、建築計画を知らせる看板が建っていました!
  続きを読む


Posted by Science_City at 01:51Comments(9)まちづくり建築

2017年09月27日

土浦学園線沿いのURの建物の解体が進んでいた!

土浦学園線の南側、つくば中央警察署の西側にURの茨城地域支社の建物がありました。
大高正人さんという有名な建築家・都市計画家がデザインした建物で、1983年竣工とは思えない現代的な建物でした。
大高さんがデザインした建物は、つくばには他に洞峰公園のレストハウスや体育館があります。

私の好きな建物の1つだったのですが、URが平成30年度にニュータウン開発事業から撤退するため、この建物も引き払い土地とともに売却されました。
引き続き商業施設として使ってくれれば良かったのですが、落札したのがマンションデベロッパーのタカラレーベンでした。
築30年を超えているものの、落ち着いた好ましい雰囲気のこの建物を使う気はさらさらなかったようで、あっさりと解体工事が始まってしまいました。

【URの建物に関する記事】




まつりつくばの時に、土浦学園線のURの建物が解体工事用シートに覆われていたので、解体が始まっていることには気づいていたのですが、中の状況を見る機会がありませんでした。
  続きを読む


Posted by Science_City at 01:35Comments(4)まちづくり

2017年08月14日

つくばの水道料金の値上げについていろいろ調べてみた!

つくば市の水道料金が来年度から平均で21%(標準世帯で16%)値上げされるという報道がありました。
(出典:東京新聞地方版「つくば市が来年度から水道料金値上げへ 標準世帯で16%」

茨城県は割と水道料金が高い県で、つくば市の水道料金は県内で最安だそうです。
もっとも、他の複数の県に住んでいた経験からすると、つくば市の水道料金は特に安いとは思わないですけどね…。



さて、つくば市の水道料金は、この35年間据え置きのままです。
素晴らしい経営努力…と言いたいところですが、原価より安く供給しているため、今の料金では供給すればするほど赤字になっています。
現在は、上水1m3を供給するのに205円かかるのに、料金収入は164円しか得ていないということなので、単純に考えれば25%の値上げが必要ということになります。
(出典:「つくば市水道事業の経営状況」)
  続きを読む


Posted by Science_City at 15:10Comments(14)まちづくり

2017年07月26日

つくば市に住む外国人数を調べてみた!

先日、つくば市役所に証明書を発行してもらいに行ってきました。
発行を待つ間、壁際に貼られた掲示物を眺めていたら、「つくば市国籍別外国人住民数」と書かれた世界地図のボードが目に入りました。



つくば市の人口は2017年7月現在で、約23万人。
そのうち外国人は約9千人に住んでいるそうです。
(出典:つくば市「平成29年度行政区別人口表」
割合にすると、約4%といったところです。

多いと感じられたでしょうか?
それとも、意外と少ないと感じられたでしょうか?
学校でクラスに1人か2人外国籍の子どもがいると思えば、まぁそんなものかと思います。

この地図には、国別の住民数も書かれていたので、興味深く見ていました。
  続きを読む


Posted by Science_City at 01:23Comments(6)まちづくり

2017年07月08日

つくば駅前北1駐車場の東半分がダイワハウスに売却された!

6/30に筑波都市整備株式会社が所有する北1駐車場の東半分の土地の売却契約が締結されました!
このブログでも2回にわたって、この土地が売却されるという記事を書いてきました。

【北1駐車場売却に関する記事】


※廃止後の北1駐車場の東半分の様子

つくば駅直結で小学校がすぐ北側という、いかにもマンションができそうな立地だったため、つくば市長名で筑波都市整備に対して、「商業業務施設など,駅前にふさわしいにぎわいを創出させるとともに,周辺環境に配慮した景観,建物形態とする事業を優先していただくよう」要望書が出されていました。
(出典:つくば市記者発表「吾妻二丁目4番1他の土地売却に関する五十嵐市長から筑波都市整備(株)への要望について」)

筑波都市整備は、その要望を加味して検討した結果、大和ハウス工業を選定したとのことです。
  続きを読む


Posted by Science_City at 01:27Comments(4)まちづくり