ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2015年03月31日

みらい平まで行ける道路が建設中!

最近忙しくてあまり外を出歩いていないので、写真を撮る暇があまりありません。
メガドンキがオープン以降も様子を見に行っていないのですが、かなり混んでいるようですね。
この週末は午後から夜にかけて、ずっと駐車場が満車だったようです。

さて、今回の話題は完全に別の話です。

同じTX沿線なのに車で行きにくいところ、それは「みらい平」です。
いくつかルートはありますが、どれも狭い道路を通らなければなりません。



つくば市とつくばみらい市を結ぶ幹線道路となる予定なのが、この県道355号東楢戸真瀬線です!

守谷からみらい平までTXの線路沿いに続く「都市軸道路」の延長で、今はみらい平の区画整理地区内で途切れていますが、将来的には国道354号バイパスの真瀬入口交差点までつながり、県道45号つくば真岡線バイパスに接続する計画です。



工事看板では、工事期間は3月15日までとなっていますが、まだ工事が終わっていないようで建設機械などが置かれていました。
舗装工事が終われば、この部分の工事はほぼ終わりそうです。



この地点から撮った写真です。



先ほどの地点から少し北上した地点から、みらい平方向(南)を撮った写真です。
2つ上の写真に写っている建設機械が向こうに見えますね。



同じ地点から反対方向(北)を撮った写真です。
4車線分の用地が確保されていますが、道路は2車線分だけの工事で、残り2車線分には土が積まれたままです。



上2枚の写真はこの地点で撮りました。



ずっと北上して、工事区間の終点に向かいました。
現在工事が進んでいるのは、旧国道354号(現在は県道133号赤浜谷田部線)までの区間です。
接続点は、旧国道354号の諏訪山交差点の少し西側になります。

撮影地点の旧国道354号の旧道(ややこしい)まで、2車線分の道路がほぼ舗装まで着手した状態で続いていました。



現在は、旧国道354号に接続する地点の手前で途切れています。
奥に見える白いガードレールが旧国道354号(現県道133号)です。



ちょっとわかりづらいかもしれませんが、左から延びてきた道路が右の旧国道354号の手前で終わっています。
2015年度にこの部分の接続工事が行われて、2015年度中の供用を目指しているそうです。
(参考:地方建設専門紙の会 地方ニュース

ここから北側の区間、国道354号バイパスの真瀬入口交差点までは用地買収中で、工事は未着手のようです。
工事が進んでいる区間だけでも開通すると、みらい平へ行くのがだいぶ楽になりますね。





同じカテゴリー(道路)の記事

Posted by Science_City at 08:16│Comments(4)道路
この記事へのコメント
さーちゃんさん、こんにちは!

あの辺り、夜に無灯火の自転車がいたりすると、ヒヤッとしますからね。
防犯上も交通安全上も、街灯が必要ですよね。

国土地理院から北の西大通りにも街灯をつけてほしいと思います。
あそこも夜に通るのは怖いです。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年04月06日 00:54
yuusukeさん、こんにちは!

クランク状の道路の前後に工事看板が立っていますね。
年度は替わってしまいましたが、これから工事が始まるのでしょうか。

最近交通量が増えてきて手前で待避することが多くなってきたので、早くまっすぐの道路にしてほしいですね。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年04月06日 00:51
まずはこの区間が通るだけでもだいぶ便利になるでしょうね。
それこそ、真瀬のところも早期に開通してほしいところです。

最近、産業技術総合研究所と気象研究所の間の西大通りの歩道側に次々と街灯が立ち始めました。
あの区間、車のライトや車道側の街灯の光などが全然来ないものですから、夜は本当に真っ暗でした。
なので、向かってくる人を見つけづらかったのです。
今度からはそういう心配も減るでしょう。
Posted by さーちゃん at 2015年04月02日 01:24
都市軸道路が全線開通すると便利になりそうですね。
そういえば、東光台東交差点と豊里体育館の間にある例のクランクも近々工事が始まるみたいです。
クランク前後に通行止めの表示板や柵が用意されています(現在は休工中表示)。
Posted by yuusuke at 2015年03月31日 09:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。