ブログランキングに参加しています!良かったらクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2020年06月05日

さくらの森に「コメリ」と「ヨークベニマル」が出店するショッピングセンターができる!

つくばエクスプレス沿線開発地区のうち開発が遅れていた「中根・金田台地区」も、URが平成30年度でニュータウン事業から撤退するために急ピッチで造成を進めた結果、道路と土地だけは完成しましたがお店は春風台付近にコンビニと数軒あるくらいで、スーパーはテクノパーク桜が最も近いくらいで、地区内に大規模商業施設は皆無でした。

さくらの森に「コメリ」と「ヨークベニマル」が出店するショッピングセンターができる!

しかし、ついに5/22に大規模小売店舗立地法に基づいて「(仮称)さくらの杜ショッピングセンター」新設の届出があったことが、茨城県から公告されました!
(情報源:茨城県Webサイト「届出状況(大規模小売店舗立地法)」のページ)

場所は、以前からショッピングセンター用地としてテナント募集の看板が建っていたこの場所です。
「さくらの森」にあるのに、あえて「さくらの杜」ショッピングセンターという名前にしようとしている理由は不明です…

さくらの森に「コメリ」と「ヨークベニマル」が出店するショッピングセンターができる!

住所は、「つくば市さくらの森 25 番4外」ということで、最近信号機が新設された柴崎大日交差点の南東側です。

ちなみに交差点の北西側には、日建学院つくば校が研究学園から移転しています。
研究学園では駐車場不足だったようです。)

この看板が建っているものの、ずっと状況が変わらない状態が続いていたので、商業施設が多すぎて無理なのかなと思っていましたが、手を上げた店があったわけですね。

さくらの森に「コメリ」と「ヨークベニマル」が出店するショッピングセンターができる!

ちなみに、この敷地の南側ではプロロジスパークつくば2が建設中で、東光台にあるプロロジスパークつくば1-A、1-Bに続いてZOZOが1棟丸ごと使う予定です。
(情報源:プロロジス 2019年7月5日プレスリリース「プロロジス、ZOZO専用(BTS型)物流施設「プロロジスパークつくば2」の起工式を挙行」)

【プロロジスパークつくばに関する記事】

さくらの森に「コメリ」と「ヨークベニマル」が出店するショッピングセンターができる!

話が逸れましたが、ここにできるのは「コメリパワー つくば東店」です!
先日、上河原崎地区につくば西店をオープンさせたばかりですが、今度はさくらの森に殴り込みを掛けてきました!
ショッピングセンターの全体の店舗面積が13,649平米に対してコメリの延べ面積は1万平米弱ということで、店舗面積と延べ面積は定義が同じではないため単純に比較できませんが、ショッピングセンター最大の店舗がコメリパワーなのは間違いないでしょう。

【コメリパワーに関する記事】

他に出店が決まっているのは、ヨークベニマルです。
テクノパーク桜のカスミやまるもがライバルになりそうですね。

大規模小売店舗の届出者としては、他に「大和情報サービス」が入っているだけで店舗は未定になっていますので、ダイワがテナントを集めて中小の店舗が入るのだろうと思われます。
しかし、立て看板でも募集していたドラッグストアについては、先日コスモス薬品が柴崎十字路近くに8月オープン予定で出店を届け出ましたので、さすがに近すぎて手が上がらないかもしれませんね。
あと考えられるテナントとしては、定番の100円ショップもテクノパーク桜にセリアがありますし…

まぁ、コメリパワーとスーパーがあれば、かなりの用事は済ませられそうですが。

さくらの森に「コメリ」と「ヨークベニマル」が出店するショッピングセンターができる!

ショッピングセンターの敷地を道路が眺めてみました。
この写真は東の方向を見ていて、遠くにパチンコ店のPXつくば桜店の看板が見えます。
造成工事の状況からすると、パチンコ店のすぐ手前までショッピングセンターの敷地ではないかと思われます。

かなり広いですね。

さくらの森に「コメリ」と「ヨークベニマル」が出店するショッピングセンターができる!

西の方向、柴崎大日交差点方面を見た写真です。
中央やや左に見えているのが、プロロジスパークつくば2です。

敷地は東西に相当長く広くコメリパワーつくば西店の面積の倍くらいあるように見えますが、届出の店舗面積は13,649平米(コメリパワー以外も含む)なので、コメリパワーつくば西店より少し広いくらいです。
ひょっとすると、この造成工事をしている土地全部がショッピングセンター用地ではないのかもしれません。

このショッピングセンターがオープンすると、アパートや戸建て住宅が増えてきた流星台や今後開発が進むさくらの森のような新興住宅地だけでなく、中根や栄など既存の集落も買い物が便利になりそうです。
一方、テクノパーク桜にとっては強力なライバルが登場することになりますが、もしテクノパーク桜の店舗が徹底してしまうと自転車移動の筑波大生さん達には困ったことになるので、何とか棲み分けが図られるといいですね。

【おまけ】
さくらの森に「コメリ」と「ヨークベニマル」が出店するショッピングセンターができる!

プロロジスパークつくば2の方は、外壁はほぼ完成していました。
今後、内装を施工するのでしょう。
オープンは今年9月の予定です。





同じカテゴリー(お店)の記事

Posted by Science_City at 05:13│Comments(4)お店
この記事へのコメント
nakさん、こんにちは!

返信が遅くなりまして、申し訳ないです。

コメントで書かれていた通り、当初は柴崎大日交差点からPX方向に向かう道路の南側にも計画住宅地などが計画されていましたが途中で計画が変更になり、この道路の南側は「計画建設用地」と位置づけられて、大規模施設を想定した土地利用計画になりました。

そのため、大規模物流施設や商業施設ができることになったようです。

妻木金田線の開通は妻木の集落を完全に分断するので、当分難しいでしょうね。
桜総合体育館の裏まで開通している道路を土浦学園線に繋げる方がまだ早そうです。
Posted by Science_CityScience_City at 2020年07月14日 02:05
匿名さん、こんにちは!

返信が遅くなりまして、すみません。
ベニマルのオープンは結構先なのですね。

まだ周辺の開発は始まったばかりですから、急いでオープンする必要性がないということなのかもしれませんね。
Posted by Science_CityScience_City at 2020年07月14日 01:51
当初は柴崎大日交差点からPX沿いの県道土浦大曽根線の間、半分くらいまでが計画住宅地、その東側に緑住街区、一般住宅と、kukkaという床屋のある場所手前までに計画されていました。
しかし、Googleストリートビューでみると計画時の道路になるような角が無く、一面同じレベルで整地されているところを見ると、住宅地を止めて商業施設用地に変更したんでしょうね。

コメリPWつくば西店は研究学園地区からは少々距離があるので、あとは妻木・金田線が開通すればつくば東店がかなり近くなりますね。
でも、住宅地を貫くので、いつになることやら。
Posted by nak at 2020年06月05日 18:02
コメリはわからないけど
ベニマルは来年の5月位オープンだと思います
Posted by 匿名 at 2020年06月05日 07:43
コメントは承認制にさせていただきます。 可能な限りコメントには返信するつもりでおりますが、返信ができない場合もありますのでご了承ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。