ブログランキングに参加しています!良かったらクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2019年05月10日

上河原崎・中西地区の大規模商業施設用地に「(仮称)コメリパワーつくば西店」ができる!

最近ストレスが溜まり気味かつ太り気味なので、自転車に乗って発散することが時々あります。
先日は、エキスポ大通りを西に向かって、上河原崎・中西地区の区画整理工事の現場まで行ってきました。

上河原崎・中西地区の大規模商業施設用地に「(仮称)コメリパワーつくば西店」ができる!

大規模商業施設を誘致しようと、森を切り開いて13haもの広大な用地を確保したものの、ずっと更地のままでした。
何しろイーアスつくばの敷地面積と同じくらいですから、さすがにイーアスつくばやイオンモールもある現状で、大規模なショッピングモールが新たにできることも考えづらい状況です。
一方で、並みのホームセンターやスーパーくらいでは使い切れないほどの面積があります。


上河原崎・中西地区の大規模商業施設用地に「(仮称)コメリパワーつくば西店」ができる!

立地としては、エキスポ大通りと谷和原学園通りという幹線道路同士の交差点近くで、車での利便性は高い場所ですね。
ただ、いかんせんつくば市域の中で西に寄りすぎていて、かといって西隣の常総市からのお客さんを期待しようにも、旧水海道市と旧石下町の中心からそれぞれ離れていますので、よほど商圏が広い商業施設でないと難しいのではないかな?と感じていました。

上河原崎・中西地区の大規模商業施設用地に「(仮称)コメリパワーつくば西店」ができる!

しかし、南側の街区のみではありますが、ようやく店舗建設工事が始まりそうで、建築計画のお知らせ看板が建ちました!
昨年の11月に貸付の入札が行われ、コメリが貸し付けを受けることが決まりましたが、その後音沙汰がありませんでたが、ついに動き出しましたね。

名称は、「(仮称)コメリパワーつくば西店」で、3/28に大規模小売店舗立地法に基づく届けが出され、4/11に公告されました。
コメリは新潟市に本社があるホームセンターで、沖縄県を除く全国に1000店舗以上もあるチェーン店です!
一般的なホームセンターと比べると、農業用品・資材が充実しているのが特徴で、そのため農村部に多くの店舗がある印象です。

そのうち、コメリパワーは大規模店舗の店舗名で、プロ向け農業・建設関係の器具や資材が充実しているみたいです。

上河原崎・中西地区の大規模商業施設用地に「(仮称)コメリパワーつくば西店」ができる!

敷地は4万平米(4ha)もあるので、広いです。
広大な更地が広がっています。

ここに約1万2千平米の平屋の店舗が建ちます。

上河原崎・中西地区の大規模商業施設用地に「(仮称)コメリパワーつくば西店」ができる!

建築計画のお知らせ看板によれば、着工は今年の3月の予定でしたが、まだ着工に至っていません。
工事の完了予定は今年の12月になっていますが、施工者も未定になっていますし、来年に延びてしまうかもしれませんね。

上河原崎・中西地区の大規模商業施設用地に「(仮称)コメリパワーつくば西店」ができる!

大規模商業施設を誘致しようとしている2つの大街区の更地の間にポツンとバス停が建っていました。

上河原崎・中西地区の大規模商業施設用地に「(仮称)コメリパワーつくば西店」ができる!

4月から運行を開始したつくバス西部シャトルのバス停で、「高山北」という名前になっています。

上河原崎・中西地区の大規模商業施設用地に「(仮称)コメリパワーつくば西店」ができる!

1日わずか8本で、この立地ですから、現状ではほぼ利用者がいないでしょうね。
バスを走らせるにしても、コメリがオープンしてからで良かったのではないかと思いますが…



ところで、ちょっと気になるのは、このコメリが貸し付けを受ける4haの土地のうち県有地は1.3ha弱で、残り2.8ha余りは民有地なのですね。
このような県有地と民有地を抱き合わせで貸し付けるというやり方は、民有地の地主としては県が大口の借主を探してくれて少ない労力とリスクで地代が入るようになるわけで、多大なリスクを負って自らの努力で貸主を探している地主と比べて不公平な印象を受けます。

これって、問題にならないのだろうかと、調べていて疑問に思ってしまいました。



同じカテゴリー(お店)の記事

Posted by Science_City at 07:10│Comments(0)お店
コメントは承認制にさせていただきます。 可能な限りコメントには返信するつもりでおりますが、返信ができない場合もありますのでご了承ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。