ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2018年05月01日

「つくば温泉 喜楽里別邸」の回数券を買ってきた!

GW前半が終わってしまいました!
天気に恵まれて、絶好の行楽日和でしたね。
我が家は、ちょこちょこと子どもの送迎が必要な行事があったために、遠出はできずに近場(ほんっとに近場)しか出かけませんでした。

【喜楽里別邸に関する記事】



少しはGW気分を!ということで、家族でグランドオープン後の「喜楽里別邸」に来てみました!

夕方から夜にかけては混みそうな気がしたので、午前中に行ってみました。
駐車場は割と混んでいたものの、臨時駐車場はまだガラガラでした。



まず、オープニングフェアで5/6(日)まで作成無料のメンバーズカードをつくりました!
5/7(月)以降は100円かかりますので、つくるなら今のうちです。
ポイントがたまるとともに、回数券(1年間有効)の購入が可能になります。

我が家は1年のうちに10人・回は確実に来るだろうと思われるので、さっそく回数券を購入しました!
回数券はメンバーズカードに記録する形になるので、このまま回数券として使えます。
5/6までは回数券を購入すると、入館招待券が1枚プレゼントされます!

9500円で招待券込なら実質11回入れますから、結構安く感じました。
毎回平日に入りに来る人には微妙かもしれませんが、土休日がメインの家族連れなら、回数券が絶対お得だと思います!

まだお店の人も不慣れなためか、回数券を記録するまでに悪戦苦闘されていました。



入口の案内を見ると、小学生は料金が違うので、自動改札を通らずにフロントで受け付けする必要があるのですね。
家族連れだと、少し面倒ですね。


なお、今回はお風呂は比較的空いていて、青空の下で露天風呂を満喫できました。

露店風呂は前回の記事に書いたように、「上の湯」が源泉かけ流しで、「下の湯」は温泉を循環させています。
毎日営業前に張った加水して沸かした温泉に、「上の湯」からオーバーフローして落ちてくる温泉をあわせて循環させているようです。

そのため、「上の湯」は比較的熱く、「下の湯」は少しぬるめで、しかも「上の湯」に近い方は上の湯のお湯が混じって少し熱めなので、好きな湯温で入れるのがいいですね。

お休み処は、Wi-fi完備でUSBの電源アダプターが各席に付いているので、USBケーブルを持って来ればスマホやタブレットを使いながら、ゆっくり休めます。

今回も食事はしませんでしたが、値段なりの価値はあると思いました!
きっと月1回は来るだろうなぁ。





同じカテゴリー(お店)の記事

Posted by Science_City at 00:46│Comments(3)お店
この記事へのコメント
行ってきました。小学生以下お断りの施設なので、若い子育て世代の女性はほぼ皆無でした。

20代~40代の子育て世代の女性は数人しかいませんでした。
50代以上のお客さんが9割以上を占めている様に見えました。

あと海外の方が多かった。
聞こえてくる会話は中国語・韓国語ばかりでしたね..

研究学園の住人は、小さい子供がいる子育て世代ばかりなので、
あえてターゲットを外したのは
経済的にゆとりがある高齢者にターゲットを絞っているのでしょう。

そのほうが失敗が少なくて、リピーターを獲得できる
という戦略なのかもしれません。

(若い子育て世代は、研究学園付近に戸建やマンションを
購入しているし、住宅ローン・学費にお金をかける傾向が強く
レジャーに中々お金を落としませんからね)
Posted by みどり at 2018年05月12日 16:14
歩いていける距離なのですね!羨ましい!自分も記事を見て行ってきました!感想は、、綺麗だけど、、、せまい!!そしてお年寄りに占領されている…(T_T)
印西のヒーリングヴィラの1/5くらいの広さ…。女性専用岩盤浴は8席ほどしかないけど、休日足りないですよね(T_T)
平日はおばあちゃんでぎゅうぎゅう…。10畳もなさそうな源泉掛け流し湯には芋洗…。
印西のヴィラと比べて、岩盤浴に本持ち込み禁止のため、することもなく寝てしまう人多数のため、いびきがすごい。そして韓国語、中国語?のおしゃべりがうるさい…。狭いので響く響く…。誰も注意できないし…。。
そして、やっぱり本持ち込みOKでないと、じっくり汗出しして過ごせない…。。デトックスするためなので、2時間はいないと汗が出し切れないので、何かすることないと手持ち無沙汰。。
漫画や雑誌はたくさんあったけど、汗かいた後だと休憩所で読むのは身体が冷えて寒くてとてもじゃないが15分といられず、さっさと温泉に移動してしまうので、意味がない。
何がしたいの?岩盤浴の使い方をわかってる人が作ったと思えない設計とシステムという感じでした、、個人的意見ですが(T_T)

印西のヴィラは、熱石浴の場所が4〜50畳くらいあって広くて声が響かないし、熱々の石の近くは温度が高めなので汗がドクドクでる、離れればのんびり…と選択できるのがいい。。若い人が多くてみんな本や漫画を読んでるから静かなので、研究学園住民的には、そういう使い方ができたらよかったのになぁと思います…。ニュータウン的な場所なのにターゲットを若い世代に設定しないのが残念すぎる。。
喜楽里別邸、、狭すぎて、ユーワールドのようにおばあちゃん達に占領されてしまい、残念でした…(T_T)
ただ、汗出してデトックスできる場所が近くにできたのは嬉しいし、電子システム多様されてて便利だし、クレイパックもあってスベスベにはなりました。
がっつり汗出しデトックスの後にまったり温泉派の自分にはやはり印西ヴィラが神すぎです。。つくばにも20〜50代の人向けのヴィラができるといいのになぁと思いました。
でも私もここの温泉は近いので月1は行くと思います。。帰りにドンキで買い物して、回転寿司でもつまんでイーアス覗いてというゴールデンコースになりそうです(^_^;)
研究学園も、イーアスだけじゃなく、すこしづつ楽しみがある街になってきましたね。
Posted by デトックス大好きママ at 2018年05月08日 16:22
Manohiroと申します。
ブログランキングから訪問させて頂きました。

日本は、地震が多いが、温泉があります。

この温泉があるので、旅行に行くのが楽しみです。

温泉に入れば、食事も美味しい、ビールも美味しい。

日本人全員が温泉のおかげを受けております。

武田信玄の時代から、

怪我をした武士にはなくてはならないものになっていました。
Posted by Manohiro at 2018年05月02日 19:18
コメントは承認制にさせていただきます。 コメント中にURLを記載する場合にはリンク先と内容を明示してください。また、何度も同じ内容のコメントをするのはお止めください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。