ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2018年01月14日

研究学園駅前のドコモショップ跡地は塾になります!

先日、研究学園駅前のドコモショップ跡地を取り上げましたが、にくにくさん、ななしさん、受験生の父さんからコメントをいただきました!
オーナーのご家族からも情報をいただけて、びっくり!でした。

【先日の記事】




跡地は塾になるとのことで、昨日見てきました。
もう改装工事はほぼ終わったようです。



俊英四谷大塚」と「東進衛星予備校」と看板が出ています。
あれ?確か思学舎と聞いていたけれど…と思ったら、思学舎グループなんですね。
四谷大塚や東進のブランドを使ったフランチャイズみたいなものでしょうか。

いただいた情報によると、1/28(日)オープンのようです。

ちなみに、このドコモショップとパッチョの間の交差点は、歩行者・自転車にとって要注意の交差点です。
ここの歩道はすごく広いのですが、D12方向の脇道から出てくる車が停止線で停まらずに、歩道を通り抜けて車道の手前で停まる車が後を絶たないので、歩道の建物寄りを渡ろうとするとかなりのスピードで車が出てくることがあり、とても危険です。

警察にはこの場所で一時停止の取り締まりをぜひやってほしいと思います。





同じカテゴリー(お店)の記事

Posted by Science_City at 10:59│Comments(5)お店
この記事へのコメント
いつも有意義な情報をありがとうございます。
だいぶ日にちが経ってからのコメントですみません。

ここの交差点も危険ですが、
ケンタッキーと一誠商事の交差点もひどいです。
一時停止の標識が見えないのか、
はたまた無視しているのか、
止まらずに直進する車が多数見られます。
(特にケンタッキー側から交差点に入ってきた車)

ちばぎん辺りで見張っていれば、
一時停止無視の車をたくさん見つけられると思うのですが、どうでしょう、つくば中央警察署の方々!
Posted by りんこ at 2018年02月07日 20:29
ここは本当に怖いです。

歩行者が研究学園駅からルーブル方面に向かって歩いているのに、
ラ・フェリーチェ方面から突っ込んでくる車を目撃しました。

私が見たのはベビーカーを押して
駅→ルーブル方面に歩いているお母さんに、
ラ・フェリーチェ方面から来た軽自動車が
突っ込んでくる場面でした。

危うく衝突は避けられましたが、
軽自動車に乗っている女性は
片手でスマホを持ち通話しながら運転!
のでとんでもない状態でした。
(ナンバー控えてればよかった)

絶対、事故起きますよ。ここ。
Posted by みどり at 2018年02月03日 15:11
私も、旧docomoショップとル・アール改めルーブルの間の道路が怖いと思っていました。
特に、ラ・フェリーチェ方面から来る車が停止線があるのに止まらず歩行者が横断しようとしているのにすごいスピードで突っ込んできます。

それともう一ヶ所、研究学園交番とフォルクスワーゲンの間の細い道も西側から大通りに出ようと、歩行者の有無を確認せずにすごいスピードで進入してくる車が多い印象です。

ここ最近の研究学園は、交通ルールも守れない車が多すぎる気がします。
Posted by 研究学園の主婦 at 2018年01月22日 09:13
ここの横断歩道は周辺の子供達の通学路になると思われますので、
十分な対策が必要かもしれませんね。

抜け道として使う人が多くて危険極まりないので、
駅側からしか進入できないように一方通行にしてしまっても
良いのではないかと思います。

さらには、エビスタウンのところの信号のない交差点も、
イーアスに行く人たちや帰る人たちの抜け道になっていて
とても危険なので、あの道も一方通行で良いのではないかと思います。

どちらも市道なので、市が積極的に動いて
警察と協議すれば良いだけのことに思うのですがね・・・。
先手の対策を望みたいです。
Posted by とくめい at 2018年01月20日 15:44
止まらない上にすごい速度で走っていますよね。
渡ってる最中にクラクションを鳴らしながら進入してくる車もたまに見ます。
ぜひ取り締まりしていただきたいです。

夜間はもっと止まりません。(というか歩行者や自転車がいないと思っており止まる気なんて元々ないんでしょう)
泥酔した方がコインパーキングに停めた車に乗り込み、そのまま運転して帰るのをよく見るので、夜間の一時停止取り締まりは飲酒運転の取り締まりも兼ねられるので効率いいんじゃないでしょうか。
Posted by ななひろ at 2018年01月17日 23:56
コメントは承認制にさせていただきます。 コメント中にURLを記載する場合にはリンク先と内容を明示してください。また、何度も同じ内容のコメントをするのはお止めください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。