ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2017年11月21日

TXが20秒早く発車してお詫びしたことが世界各地でニュースになっている!

我らがつくばエクスプレスが世界的なニュースになりました!

…とはいっても、素直に喜べない話題です。



元になった話題は平成29年11月14日のプレスリリースです。
【お詫び】南流山駅における普通列車の早発について

「首都圏新都市鉄道株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:柚木 浩一)では、11月14日(火)9時44分頃、南流山駅において普通列車(下り)が定刻より約20秒早発するという事象が発生いたしました。お客様には大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。(以下略)」

このプレスリリースに世界が驚きました!

BBC NEWSでは割と大きく取り上げられていました。
"Apology after Japanese train departs 20 seconds early"


※写真はBBCサイトの当該記事のキャプチャ

"Many social media users reacted to the company's apology with surprise."
と書かれていました。
馬鹿にされているかと思いきや、うちの国の鉄道じゃありえん!という感じの反応のようです。
イギリスの鉄道はよく遅れるというのは、よくジョークにも使われるようです。
「珍しく列車が時間通りに来たと思ったら、24時間遅れだった」というジョークもあるくらいです。
(イギリスのジョークだったか、イタリアのジョークだったか忘れてしまいましたが…)

TIMEでは、どちらかという呆れ気味な感じの取り上げられ方です。
"Japanese Train Line Apologizes for ‘Inconvenience’ After Departing 20 Seconds Early"

NEWSWEEKでは、殺人的混雑に起因する痴漢の増加とその対策としての女性専用車両の導入と結び付けられています。
"Train in Japan Departs 20 Seconds Too Early, Company Issues Groveling Apology"

New York Timesは、TXのお詫びと、ガリガリ君の10円値上げのお詫びCMに共通点を見出しているようです。
また、わずか90秒遅れに焦って引き起こされたJR宝塚線の脱線事故も引き合いに出されています。
"Japanese Train Leaves 20 Seconds Early. Cue the Abject Apologies."

FOX Newsは、賞賛という感じですね。
"Japanese train line apologizes for departing seconds too early"

インドのThe Indian EXPRESS紙は、日本の列車運行の正確さに驚きを持って報じていました。
(なぜか写真はTXではなく京葉線ですが…。先頭車両の赤帯で勘違いしたのでしょうか…?)
"Believe it or not, Japan rail company apologises as train departs 20 seconds EARLY"
日本は時間厳守なので、列車が遅れた時には遅延証明書を発行するということも書かれていました。
きっと、インドでは考えられない対応なのでしょう。

他にも、ざっと見ただけで、ガーディアン紙ブルームバーグ紙をはじめ、オーストラリア、シンガポール、アイルランドなどでも取り上げられていました。
英語で検索したので英語圏以外でも取り上げられていたのかどうかはわかりませんでしたが、取り上げられているかもしれませんね。

全般的に、わずか20秒早く出発してしまったことに対して、お客さんからの苦情もないのに、「大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。」という対応に驚いたり、呆れたりしている感じです。
また、自国の鉄道と比べた報道も目立ちました。
特に鉄道の発祥国であるイギリスの報道が目立ちましたね。
アメリカは公共交通機関が貧弱なので、関心が無いのかもしれません。

それから、掲載されている写真がTXの車両ではなく、新幹線の写真を使っている記事も目立ちました。
手元に素材がなかったのか、日本の鉄道のイメージを代表しているのかわかりませんが…。

ただ、この20秒早発のお詫びは単に早く出発したということではなく、発車メロディが鳴ってから扉を閉めて出発するという基本動作を逸脱したことをTXの運営会社側が問題視したのだと思います。
発車メロディが鳴らないうちに突然ドアを閉めたら、乗降客を挟んでしまう可能性があったわけですから。
その辺りが伝わっておらず、20秒早いというところだけがクローズアップされてしまった感じです。

最近は週刊誌でもTXの不祥事が報道されるような状況ですから、人手不足解消のためにもう少し職員を雇って、基本動作を徹底していただきたいものです。

それにしても、世界中でここまでつくばエクスプレスが話題になることもそうそうないでしょうね。



同じカテゴリー(鉄道)の記事

Posted by Science_City at 06:10│Comments(2)鉄道
この記事へのコメント
えむこさん、こんにちは!

私も、今回のニュースで発車メロディは運転士さんが鳴らしているのではなく、発車時刻になると自動的に鳴るということを初めて知りました。

言われてみれば、到着してかなり間がある時がありますよね。

たぶん多少遅れても回復できるように余裕があるのでしょうね。
だから、発車メロディが鳴るのを確認し忘れると早く発車してしまうと…。

守谷駅は1分以上停まっていると思うので、余裕時間をなくしたら秋葉原~つくば間を40分くらいで走れるかもしれませんね。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年11月29日 01:02
はじめまして
研究学園駅をいつも利用しているのですが、TXは発車がはやいと思ってました。
発車予定の時分になった瞬間発車するといいますか、今回のニュースに少し納得してしまいました!
Posted by えむこ at 2017年11月22日 21:34
コメントはしばらく承認制にさせていただきます。落ち着いたら承認なしにしたいと思っていますが…
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。