ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2017年09月30日

テーダ松並木の夕暮れ!

もうすっかり秋ですね。
秋は夕焼けがきれいです。

【夕暮れ・夕焼けに関する記事】




筑波山と夕焼けは絵になりますね。



テーダ松並木はこのあたりのシンボルになりました。



研究学園の開発はだいぶ進みましたが、このあたりでは日没がよく見えます。
(さすがに地平線までは見えませんが)



夕日で赤く染まったテーダ松並木はきれいでした。





同じカテゴリー(季節)の記事

Posted by Science_City at 15:12│Comments(10)季節風景
この記事へのコメント
あっ!さん、こんにちは!

将来、仮にテーダ松が残せないという事態になったとしても、一方的に残すのは無理だという形で情報が出てくるのではなく、残すのは無理だということが納得できるプロセスを経てほしいですね。

各地で街路樹や並木の伐採でもめている事例は見聞きしますが、伐採せずにすむ方法が十分に検討されていない事例、伐採せざるを得ないのに地域住民が納得しない事例の両方があるように思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年10月20日 01:40
こんにちは.

>> みずほさんのブログでその後の保全の様子

こうした情報もシェアありがとうございます.

将来的にも残せるのかという点については,心配なところもあるなと思いながらみています.
そうしたなか,この並木を広く地域で暖かく見守っていくことが大事だなぁと改めて思い,保全のプロセス等が共有されることは良いことに思います.

これから先にも,いろいろな意見が並木に対して出てくると思います.もしなにか“動き”があったとき,多くの方はランドマークとしての保全が大切だという側だとは思いますが,やはり近傍の方や新規居住者等は,ネガティブなクレームを言わざるを得ない状況もあると思います.落ち葉他,心配・苦労されている方もいらっしゃると思いますので.
行政もクレームが相次いだりしたときに単純に“伐ってしまう”という方向に振れるのではなく,この並木の価値についても踏まえ,どうすればよいかを地域と協議しながら進めてほしいものです.じっくりやらないと,多くの人ががっかりする結果になってしまいます.

とにもかくにも,このテーダ松並木は研究学園のシンボル,自慢できる景観要素の一つでであると思います.
Posted by あっ! at 2017年10月12日 10:24
いつもみてますさん、こんにちは!

ブログをご覧いただきありがとうございます。

そうなんです。樹木医さんの提言もあって伐られるはずだったテーダ松が残ったんですよ~。
提案していただいた樹木医のみずほさんも、このブログをご覧になりコメントされました。
http://sciencecity.tsukuba.ch/e246702.html

みずほさんのブログでその後の保全の様子も掲載されていますよ~。
https://ameblo.jp/kofu-japan/entry-12108342897.html
Posted by Science_CityScience_City at 2017年10月11日 02:09
あっ!さん、こんにちは!

なるほど、市に譲渡されたのですね。

以前、URの方とお話しする機会があった時に、市からは金は出せないけど松は残してほしいと言われてどうしたものかとおっしゃっていましたが、どういう決着をしたのか興味がありますね。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年10月11日 02:04
樹木医さんの記事を見つけました.
そういう経緯があったのかと納得しました.
https://ameblo.jp/kofu-japan/entry-10807245238.html
Posted by いつもみてます at 2017年10月08日 11:47
テーダ松の土地はたしか今は市に譲渡尾・移管されていたと思います.どこからか聞いた話なので,正確なところは調べないと分かりませんが.わかったらまたお伝えします笑
Posted by あっ! at 2017年10月06日 09:40
あっ!さん、こんにちは!

なるほど、松の葉の処理は結構大変なのですね。
そうすると、ご近所もいいことばかりではないわけですね。

あの松はもともと自動車研究所の林の中にあったのが急に周りが伐採されましたから、風邪をもろに受けるようになってダメージがあるのではないか、将来的にも残せるのかという点が心配ですね。

そういえば、テーダ松の土地は誰の土地なのでしょうか?
URであれば処分される土地のはずですが…。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年10月06日 00:31
こんにちは.通りの名前について,そうですよね.
研究学園~学園の森のシンボルというのもその通りかと思います.


テーダ松のこの並木道は,
この松自体はそれほど古い歴史があるわけではないけれど,
自動車研があったというこの土地の履歴を今に伝えるものであり,
また,この雄大は、おおらかなつくばらしさを象徴するようなもの.

また,研究学園葛城エリアは、筑波研究学園都市の研究学園地区の
ランドスケープと異なり,圧倒的に緑の量が少ないので,
ここまで立派な高木があることで、景観要素として,
この街においては貴重なもの.

伐られずに維持されていくとよいと思っています.

一方で,
眺める景観としては上記のように大切にすべきものであるけれど,
近傍に居住する人にとっては,
飛来する松の葉がかなり多く処理が大変(雨どいも対策が必要)であったり,
多少「NIMBY問題」的な側面もあるのではないかと思われます.

残していくための合意を形成するための根拠として,
景観・地域の文脈としての意味等の評価を継続していくことが大切かなと思います.

(いつか何かの拍子に,伐採の危機などが生じないとは言えないとおもいますので)
Posted by あっ! at 2017年10月02日 11:50
感慨深く。 さん、こんにちは!

学園の森には高い建物がないので、ひときわ目立ちますね。
本当に残して良かったと思います。

並木沿いの南北の道路は、都市計画では「葛城西線」という無味乾燥な感じの名前ですが、テーダ松の名を付けた通り名をつけてほしいと願っています。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年10月01日 03:01
学園の森のシンボルになりましたね。

葛城西線沿いには、お店ができ、周囲は住宅も増えました。
5年前の風景とだいぶ変わったけど、松の木を見上げた空は、変わらずここが自分の街であることを、確認させてくれます。

ここの土地は、テーダ松の伐採を検討していた頃よりも、商用利用の価値がずっと上がってると思いますが、変わらずこの街の風景であってほしいと思っています。

通学する子どもたちにとっても、大切な風景になるといいと思います。
Posted by 感慨深く。 at 2017年09月30日 21:38
コメントはしばらく承認制にさせていただきます。落ち着いたら承認なしにしたいと思っていますが…
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。