ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2017年09月25日

イーアスつくばの市政情報コーナーがさびしくなっていた!

突然ですが、イーアスつくばの4階(駐車場階)にある「つくば市政情報コーナー」って、ご存知でしょうか?

【最近のイーアスつくばに関する記事】




MOVIXつくば脇のエスカレーターを上がったところにあり、市役所が発行しているパンフレットやお知らせ類が並べてあり、自由に入手できます。
パンフレット好きの私としては、時々のぞいてめぼしいものをゲットしています。

ところが、先日通りかかったところ、置いてあるパンフレットやチラシ類がかなり減って、テーブルがスカスカになっていました。

2008年のイーアスオープン当初は市役所がまだ研究学園には無く、こういったパンフレットやチラシを入手しようと思えば、桜支所や谷田部の本庁舎、あるいは公民館(現 地域交流センター)まで行く必要がありました。
しかし、2010年に市役所が移転して研究学園にできたこともあって、ここの存在意義が薄れてきたのも事実です。
イーアスとしても特に売り上げに貢献するわけでもないですし、つくば市役所としても市役所の近くにパンフレット類を並べるメリットを感じなくなってきたのかもしれないですし、そのうち廃止になるのかもしれませんね。

そうはいっても、市役所に出向くのと買い物ついでに通りかかるのでは意味合いが違うので、市民とのコミュニケーションという意味で活用の余地はありそうな気もしますけどね。

そういえば話はかわりますが、この4階の隣接したスペースに置いてあったイーアスつくばの模型がいつの間にかなくなっていました。
こちらは飾っておけばいいような気がしますが、なぜわざわざ撤去したのでしょうかね。
いたずらでもされたのでしょうか…。





同じカテゴリー(お店)の記事

Posted by Science_City at 01:58│Comments(4)お店
この記事へのコメント
あっ!さん、こんにちは!

このイーアスの土地の入札は、確か企画提案も評価に入っていたような気がします。
だとすると、この市政情報コーナーはダイワハウスの企画提案に地元貢献として含まれていたのかもしれませんね。

研究学園駅に飾ってある模型、確かに反り返って無残なことになっているのが気になっていました。
乾湿の差が激しくて木が歪んでしまったのでしょうか。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年10月11日 02:13
こうした問題を取り上げていただきありがとうございます.
このスペースは,おそらく事業者が公共貢献要素として計画していたスペースだと思いますが,そろそろ10年くらい経つので,きちんとコンセプトなど考えなおして,事業者にもきちんと空間整備をしてもらいたいですね.
そして,市も情報公開スペースとするならばとして手を抜かずにいてもらいたいです.

模型といえば,研究学園駅の階段の踊り場の模型,コンタが反り返ってしまっているので,どうにかならないかと.「手直しするなら手伝ってもいいですよ」と駅員に申し出たこともありますが笑
Posted by あっ! at 2017年10月06日 09:52
さーちゃんさん、こんにちは!

BiViにもあるので、手間の方がメリットより大きくなってきたのかもしれませんね。

NEWSつくばには期待しています。
どのように費用を捻出するのか、クラウドファンディングをするのか、アフィリエイトに頼るのかわかりませんが、それを乗り越えれば紙の新聞より持続可能性がありそうな気がします。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年10月06日 01:38
関連があるかどうかわかりませんが、BiViつくばにも市の総合インフォメーションセンターがありますので、
その影響もあるのではないのかなと思っています。

常陽新聞の元記者の人たちが、今度、ニュースのサイトを立ち上げたそうです。
今度は上手くいくのでしょうか?今後に期待です。
https://mainichi.jp/articles/20170928/k00/00e/040/166000c
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15065185387121
https://newstsukuba.jp/
Posted by さーちゃん at 2017年10月03日 23:10
コメントはしばらく承認制にさせていただきます。落ち着いたら承認なしにしたいと思っていますが…
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。