ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2017年01月25日

葛城北線の工事は終わりそうだけど、開通させられないかも!

葛城北線の最後の区間、学園西大通りの古内交差点1度工事が止まって再開した後は、割と順調に工事が進んでいます。

【葛城北線の古内交差点に接続する工事に関する記事】




ぱっと見、ほぼ完成している感じです。



反対側にわたってみると、もう横断歩道と自転車横断帯が描かれていました。



歩道の一部の舗装工事を残して、概ね完成している様子です。



しかし、車道の左端に立って西大通りの反対側を見てみると、このまま開通させられないのでは?と疑問に思いました。

西大通りの中央分離帯が邪魔!

葛城北線から西大通りを横断して反対側に直進しようとすると、ちょうど中央分離帯の先端が出っ張っています。
中央分離帯の向こうに2台の車が見えますが、その辺りが交差点の反対側の停止線の位置になっていて、直進しようとすると分離帯にぶつかってしまうことがわかります。



反対側の道路右端から葛城北線方面を見た様子です。
やはり葛城北線の大部分が隠れてしまいます。

写真左側、マンションのすぐ右側を通っていた旧道への見通しは問題ないのですが、葛城北線が開通したら中央分離帯を避けて通らなければいけません。
西大通りの中央分離帯を削らなければ、夜間など視界の悪い時には中央分離帯に衝突する車が続出してしまいそうです。

やはり、西大通りの中央分離帯を削る工事が終わらないと、葛城北線を開通させるわけにはいかないのではないでしょうか?
そう考えると、2/10に今の工事が終わったとしても、しばらくは開通できずに塩漬けになってしまうのかもしれませんね。





同じカテゴリー(道路)の記事

Posted by Science_City at 06:52│Comments(6)道路
この記事へのコメント
今日時点で、工事が一気に進行しています。

運転中にちらっと見ただけですが、西大通りは交差点から南北それぞれ100mほど、中央分離帯寄りの1車線を南北方向ともに完全に規制して従来の中央分離帯を撤去しているようでした。これまでの中央分離帯の太さから、右折レーンを設けるようです。(東雲交差点の南行き右折レーン延長工事に似ています)

工事案内の看板には、工期が3/24までと表示してあったと思います。
Posted by nak at 2017年03月08日 01:27
2/20(月)ごろから西大通りの中央分離帯を削る工事がはじまりましたね。
おかげで、車線が規制されボトルネックとなっています。はやく完成しないかな。
Posted by かめ at 2017年02月21日 23:04
まーくんさん、こんにちは!

路盤や排水の工事が終わると、表面の舗装は割とあっという間ですね。

旧道は塞がないと古内交差点が5差路(正確には6差路)になって危険なので、マンションのそばの旧道と、ヘアーサロンの方からつながる道には車止めが設けられ、十字路になる予定です。

西大通りの改修も茨城県が既に準備していて、すぐ開通すると良いのですが…。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年01月30日 01:59
中央特快さん、こんにちは!

単に中央分離帯を撤去するだけなら一晩だけでもできそうですが、撤去した跡を舗装して大型車が何度も通っても耐えられるようにしなければなりませんし、残った部分の分離帯の縁石を再構築したり、車がぶつからないように反射板を設置したりと、意外とやることがあるので、そこまで簡単ではないと思います。

実際問題、この交差点に右折レーン無しでは渋滞の原因になりますので、分離帯撤去をするのであれば、あわせて右折レーン設置工事を行わないと2度手間になってしまいます。

また、幹線道路なので車線規制を伴う工事はラッシュ時間帯を避けて行うでしょうから、すぐには終わらないのではないかと思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年01月30日 01:53
中央分離帯の撤去/改変工事なんて、一晩で出来ると思う…逆に何日もかけてたら通行の邪魔になるし…と思うのは私だけ?
Posted by 中央特快 at 2017年01月25日 20:30
もう、そこまで進んだんですね〜
先週の木曜日はまだ、装飾はしていなかったです。

確かに中央分離帯が邪魔ですね。
また、やはり旧道は塞ぐ方向みたいですね。
はやく、開通してほしいものです。
Posted by まーくん at 2017年01月25日 11:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。