ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2016年08月24日

マンホールカードというものがあるらしい!

人間の本能には収集癖というのがありそうです。
狩りをしていた先祖の名残なのか、何かを集めるという行為には人間を突き動かす何かがあります。
ポケモンGOで全てのポケモンを集めたくなってしまうのもそうでしょうし、ヱビスビールのおまけでついていたブルートレインのヘッドマークのチャームを集めるというのもそうでしょう。

【関連記事】


ポケモンGOは、歩き回らないとポケモンが手に入りませんし、ヱビスビールのおまけはコンビニチェーンによって集められるヘッドマークが違うので、いろいろなコンビニをまわらないといけませんでした。

スタンプラリーなんかもそうですね。
現地に行かないとスタンプを押せません。
古くはご朱印帳など、現地に行った証をコレクションとして残すという行為は、脳内でドーパミンが放出されるような心地よい行為なのでしょう。

このようなコレクションの1つに「ダムカード」があります。
ダムカードは、おもて面はダムの写真、うら面はダムの形式や貯水池の容量・ダムを建設したときの技術などの情報が掲載されたカードです。
カードは、国土交通省と水資源機構の管理するダムのほか、一部の都道府県や発電事業者の管理するダムで作成し、ダムの管理事務所やその周辺施設で配布されているものです。
現地に行かないと入手できないというところがミソで、結構人気があるらしいです。



この取り組みを真似て、国土交通省と日本下水道協会が連携して始めたのが、「マンホールカード」です。
マンホールは、道路の地下に埋設された設備を点検・補修などのための穴で、電力線、通信線、上下水道などのマンホールがあります。
中でも、市町村ごとに整備されることの多い下水道は、マンホールを市町村が管理していることが多く、市町村ごとに地域の特色を生かしたデザインのマンホールのふたが設置されています。

つくば市でも下水道の広報活動やシティプロモーションの一環として、「つくば市マンホールカード」を製作したようです。
(参考:つくば市公式ウェブサイト「つくば市マンホールカードを製作しました」)

つくば市のマンホールは、筑波山とスペースシャトル、青い土星(?)がデザインされています。
(実は、土星ではなく地球らしい…。)
1度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?
確かにつくば市らしいデザインといえますね。
(スペースシャトルは、ちょっと違う気もしますが)

ちなみに、各地のマンホールの情報を集めたサイトとしては、以下のようなものがありますが、いろいろなデザインのものがあるのだなと感心させられます。

・「ひらけ!マンホール
・「日本マンホール蓋学会

旅先や出張先で、たまにはどんなデザインのマンホールがあるのか、注目してみるのも面白いかもしれませんね。



同じカテゴリー(公共施設)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。