ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2016年03月07日

友朋堂の閉店セール最終日に行ってきた!

2/11に吾妻店、2/12に梅園店と桜店が閉店して、すべての店が閉まってしまった友朋堂ですが、3/3~3/6までの4日間だけ閉店セールで再び店を開けてくれました。
ほとんどお別れを言う間もなく閉店になってしまったので、ありがたい話です。

しかも、友朋堂店員の徳永さんのツイッターで、文具だけでなく岩波文庫や新書などが大量に販売されると早く行きたくて仕方が無かったのですが、年度末でいろいろと用事もあって結局来店は最終日になってしまいました。

【友朋堂に関する記事】




お店に来ると、駐車場が満車状態!
1台空くとすぐに1台停まる感じです。
不思議と待っている車がいないな…と思ったら、裏側のカワチの駐車場までクルマがあふれていました。
(カワチに近いところの駐車マスに空きがあるのに、友朋堂側が車でいっぱいでしたので…)
路駐が1台もいないところには感心しましたけどね。



文具やCD旧譜は70%オフになっていたので、人が多くてすれ違うのも気を使うほど。

定価販売の岩波の本棚はさすがに人が少なめでしたが、それでも普段の何倍もの人がいました。
ツイッターでも書きましたが、郷土資料の筑波書林の本もたくさん置いてあり、「長靴と星空」シリーズを買いました。
今まで図書館で何度か読みましたが、手元に置いておきたくなったのです。
つくばではここにしかないような、こういった本がたくさん置いてある本屋さんは本当に貴重でした。

1時間以上うろうろして、他に岩波新書や、CDの旧譜、愛用しているシリーズのボールペンを手に取って、レジへの長い行列に並びました。
研究学園に引っ越してからイーアスのアカデミアに行くことが多かったので、もっと足繁く通っておけばなと後悔しました。
そんなことを考えながら、後ろ髪をひかれる思いで店を後にしました。
常陽新聞さんによれば、桜店の土地の店舗は既に売りに出されているとのことで、少なくともこの店が再開されることは無いと思うと、本当にさびしいです。

先ほどツイッターを見ていたら、社長さんが閉店の際に挨拶をされて、「再起を目指し頑張ります。」と発言されたそうです。
ぜひ1店でも再開されることを期待し続けたいと思います。

あらためて、友朋堂には今までのお礼を言いたいと思います。





同じカテゴリー(お店)の記事

Posted by Science_City at 01:31│Comments(0)お店
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。