ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2015年11月27日

【12/8情報追加】葛城北線の蓮沼川を渡る区間が開通していた!

12/8 カーブミラー設置など情報を追加しました。

トミーさんから情報をいただきました。
葛城北線(シャトレーゼ前の学園の森西交差点からコストコ、トライアルの前を通り、西大通りの古内交差点までの通りです)の蓮沼川を渡る区間が11/24に開通していました!

【葛城北線に関する記事】




つくば学園の森歯科クリニックの傍に置かれていた工事の柵が取り外されて、通れるようになっていました!



さっそく蓮沼川を渡る橋を渡ります。
工事発注時の名前は、「(仮称)葛城北橋」となっていましたが、「下平塚橋」という名前になりました。



春日側から見た下平塚橋です。
橋自体がかなりカーブしていることがわかります。



橋を渡って200mほど進むと、道は途切れ直角に右に曲がります。



本来の計画では、真っ直ぐ西大通りの古内交差点にぶつかる予定です。
やはり、この先は用地が買えていないようです。



止まれの標識の先の交差点が、葛城北線の暫定的な終点になっています。
しかし、この交差点が曲者です。



右の矢印が葛城北線からの車の動きですが、左の矢印の道路がカーブしているので、死角になっていて非常に危険です。
しかも、左の矢印の進行方向の先には古内交差点があり、ここの信号が青になっていると先を急ぐ車からは、この交差点から出てくる車が目に入らないおそれがあります。



葛城北線側から交差点を見た様子です。
右手の土地は少し高くなっており、草が生い茂って見通しが悪い状況です。

葛城北線の開通にあわせて、写真に黄色で記入した位置にカーブミラーが必要だったと思うのですが、設置されませんでした。
つくば市には、ぜひ早急に設置していただきたいですね。

【12/8情報追加】 記事をアップした後、ほぼこの位置にカーブミラーが設置されました! 少し安心ですね。

また、停止線の位置には何の表示もありませんが、ここには「止まれ」の標識と標示が必要です。
見通しのきかない交差点で、一時停止をしない車がいると確実に事故の原因になります。
警察の準備が間に合わなかったのでしょうか?
でも、他の交差点では準備ができていますが…。



交差点の位置を上の地図に示しました。

↓まだ続きます。



このように、葛城北線をそのまま進み終点まで行くと結構危ないので、当面は橋を渡ってすぐの(株)長大 総合研究所の手前を右折した方が安全だと思います。
ただし、古内交差点に向かうにはさらにV字型に左折する必要があります。
見落としは悪くないですが、小回りの利かない車は左折しにくいのが難点です。



写真の交差点の位置は上の地図のとおりです。



葛城北線の延長に伴って、開通済みの区間でも変化がありました。

こちらはMeeToco近く、新つくばホームそばの交差点です。
葛城北線延長前までは、葛城北線側が一時停止規制がかかっていましたが、解除されて「止まれ」の路面標示が消されています。



逆に、交差側の古くからある道路(筑波ハムやMeeToco方向から来る道)の方に一時停止の規制がかかりました。
優先道路が逆転した形です。

私がこの交差点に立っていた間にも、葛城北線を通る車が一時停止規制が解除されていることに気づかずに交差点で筑波ハム側から来た車と双方が一時停止してお見合いしている光景を見かけました。
お見合いならいいですが、双方とも一時停止しなかったら事故になってしまいますね。



しばらくは、この交差点も要注意です。



それから、つくば学園の森歯科クリニック前の交差点でも、葛城北線の一時停止規制は解除になっていました。



ただし、あおぞら保育園側からの道路には一時停止規制がかかっていないので、双方相手が止まってくれると思って突っ込んでくるおそれがあります。
なぜ、新つくばホームそばの交差点と同じように一時停止規制をかけなかったのか、疑問です。
(もちろん、葛城北線が優先道路だと理解していれば問題ないのですが、左方優先と考える人もいるかもしれないので…)
新しく道路が開通したのはいいのですが、交通事故の危険性が高そうなので、通る時には要注意です。





同じカテゴリー(道路)の記事

Posted by Science_City at 00:01│Comments(14)道路
この記事へのコメント
無しさん、こんにちは!

情報提供をありがとうございました!

今日、近くを通ったので、早速現場を見てきて記事にしました。
また、変化があったら教えてください。
Posted by Science_CityScience_City at 2016年01月10日 17:36
今日通ったら古内へ向かう延伸工事の看板とカラーコーンなど工事の準備がしてありました。早期開通するといいですね。
Posted by 無し at 2016年01月10日 09:10
にゃーさん、こんにちは!

手前の道も確かにミラーが欲しいですね。
ただ、凹カーブの途中なので、まだ見通しは聞きますが、
終点まで行くと凸カーブの途中なので、本当に見通しが効きません。

あおぞら保育園とリバティインターナショナルスクールの前を通るよりは、葛城北線を通った方がいいとは思いますが、それ以外ではあえて通る道ではないですね。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年12月07日 00:54
つくば市民さん、こんにちは!

「新つくばホーム」のところの交差点は、もともと優先側(筑波ハムから来る道)がS字カーブしていてスピードが出せない構造になっていたので、葛城北線が開通した時点で葛城北線を優先にしておけば良かったのですけどね…。

一応、信号柱は用意されていますが、今は交通量も少ないので様子見という感じでしょうか。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年12月07日 00:50
今日通ってきました。画像を思い出して手前で曲がりましたが。
でも手前の道もミラー欲しいですね。左側(西大通り側)がちょっと見難いような…
あと昼間だったのですが、数台通るのを待ちました。
うーん、やっぱりしばらくは通らなくていいかなという感じです。
Posted by にゃー at 2015年12月04日 18:59
"止まれ"が逆転した交差点は、安全のために信号機を設置した方が良さそうですね。

それと、研究学園の交差点も、そろそろ立体交差にしても良い頃だと思います。
Posted by つくば市民 at 2015年11月30日 09:36
マサトリさん、こんにちは!

古内交差点手前の交差点が最も危険だと思います。
よく耳を澄まして、車が近づいていないか確かめる必要がありますね。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年11月30日 01:58
ともじさん、こんにちは!

走る時に注意が必要なのは間違いないですね。
今日もややヒヤッとする場面を見かけました。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年11月30日 01:55
つくば市民さん、こんにちは!

確かに、あおぞら保育園とか、リバティインターナショナルスクール前の交通量は減るでしょうね。
歩道はおろか、車のすれ違いも注意が必要な道でしたから。

ただ、逆に言うと気を付けて走らないといけない道だったので、事故が起きたという話は聞きませんでした。
新しい道路が別の事故を誘発しないと良いのですが…。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年11月30日 01:54
にゃーさん、こんにちは!

警察は、「ちゃんと標識や路面標示を見ればわかるはず」と言うかもしれませんが、やはり規制が変わったのだから、もっと強調してほしいですよね。

西大通りにつながらないと、効果は小さいと思います。
葛城北線が古内交差点につながる時には、今つながっている細い道は交差点に入れないようになるのではないかと予想します。
どこかで葛城北線に合流するのではないかと。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年11月30日 01:50
危ない感じです。古内手前に出るところは、自転車でもよく確認しないと事故る可能性あります。
その他の、優先が逆転したところ、なにか起こるような予感です。
Posted by マサトリ at 2015年11月28日 16:36
うーん、危険な香りがしますね
Posted by ともじ at 2015年11月27日 16:36
何はともあれ開通して良かったと思います。

これで保育園の前の交通量も減るのではないでしょうか。
Posted by つくば市民 at 2015年11月27日 11:31
つい先日ここ通ったときはまだ通れなかったのですが
手前の交差点の「止まれ」は変わってましたね。
ここは優先じゃない方を通るときも止まってましたよ。
全くスピード落とさないのもいましたからね。
…ってもうちょっと大々的に、優先が変わったのを知らせて欲しいです。

西大通りに繋がってないのは残念ですね…
そういえば開通後の古内の交差点の形もどうなるんですかね?
Posted by にゃー at 2015年11月27日 00:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。