ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2015年09月03日

ついに「(仮称)つくば市総合運動公園」は正式に白紙撤回!

ここまで長かったですが、ついにこの日が来ました!
正式に、「(仮称)つくば市総合運動公園基本計画」は、白紙撤回されました!

●総合運動公園問題の記事は → こちら



9/2の市議会で正式に、市長の口から「白紙撤回する」と明言されました。
全文は、常陽新聞スマホ版に掲載されています。

住民投票で反対が8割以上を占めたわけですから当然と言えば当然ですが、投票結果に法的拘束力がない以上、市長が決断しない限り白紙には戻らないので、最終的には市長の決断によって撤回されたわけです。

今回の白紙撤回は、新国立競技場の問題ともタイミング的にも重なったことと、住民投票で8割もの反対を受けたことで、全国的にも注目を浴びています。

見かけた限りで、以下のマスコミで報道されています。
地方紙だけでなく、全国紙やキー局で報道されていますね。

常陽新聞 「つくば運動公園計画白紙撤回を正式表明 議会で市長報告(全文付き)」
東京新聞 「つくば市の公園計画撤回 住民投票8割反対で市長表明」
毎日新聞 「運動公園建設計画:住民投票8割反対でつくば市長白紙撤回」
TBSテレビ 「つくば市長、運動公園計画の白紙撤回を表明」
日本テレビ 「住民投票で反対多数、運動公園計画を撤回」
テレビ朝日 「300億円超の運動公園 民意に従い白紙撤回」
時事通信 「白紙撤回を正式表明=総合運動公園、反対多数で―つくば市長」

ほとんど建設に向けて走り出していた計画を寸前で止めることができたのも、「総合運動公園建設の是非を住民投票で問うつくば市民の会」の方々を中心に、住民投票条例制定の署名活動に尽力されたことが大きいです。

そこから、市議会での1票差での運動公園予算の削除、賛成・反対の白黒をつける2択の住民投票条例案の可決につながっていきました。

今回のことで、民主主義とは何なのかということについて、初めて実感をした気がします。
住民投票という仕組み自体にも、いろいろと批判はあります。
何でもかんでも住民投票で決めることになれば、議会制民主主義の否定かもしれません。
しかし、選挙で全権委任をしているわけではありません。
今回のように市長や市議会の暴走を止める最後の歯止めとして住民投票(あるいはリコール)は有効だし、必要な制度だと実感しました。

今後は、つくば市の運動施設をどうしていくのか、大穂の用地はどうするのかを議論していくことになると思います。
まずは市議会で、どのような質疑がなされるのかに注目したいですね。



同じカテゴリー(総合運動公園問題)の記事

この記事へのコメント
らんきんさん、こんにちは!

結局、巨人とは何の調整もしていないし、自分たちは提言するだけで何もリスクを負うつもりはないようですし、お話にならない提案ですね。
よくこんな提案とも呼べないような内容を報知の1面に掲載させたものだと思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2016年02月07日 15:18
こんにちは。

今Yahooニュースを見て驚いたのですが、
この運動公園予定地だった場所に、
巨人軍の2軍の設備を誘致するそうです。
Posted by らんきん at 2016年01月25日 12:37
ミスタさん、こんにちは!

特別委員会では市議選までには一定の方向性が出るんでしょうかね。
注目したいですね。
Posted by Science_CityScience_City at 2016年01月10日 01:19
いつも楽しく見させていただいております。

先月、総合運動公園に関する特別委員会が設置されました。

今後の動向を注視していきたいですね。
Posted by ミスタ at 2016年01月05日 13:43
コメントは承認制にさせていただきます。 可能な限りコメントには返信するつもりでおりますが、返信ができない場合もありますのでご了承ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。