ブログランキングに参加しています!良かったらクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2015年05月13日

つくば市総合運動公園 住民投票条例は2択案で可決!

ここのところ、運動公園ネタばかりですみません。
大事な問題なので、しばしご勘弁を。

※「研究学園の生活」での総合運動公園問題の記事はこちらからリンク

12日の市議会本会議で、総合運動公園の基本計画に対して「賛成」、「反対」の2択で問う住民投票条例が可決されました!
特別委員会で「賛成」「反対」「見直し」の3択案が可決されていましたが、本会議で2択に戻す修正案が賛否同数、議長採決で可決されました。
なかなか劇的ですね。

NHKの茨城県のニュースでも報道されました。

市長は、「市民の疑問に十分に答えきれなかった現れだろうと反省している。」と記者会見で発言していたようですが、広報つくばを読んでもむしろ疑問が膨らむばかりですので、今回の事態は当然だと思います。
地区懇やパブリックコメントでの市民の反応に、もっと真剣に応えて計画を縮小していれば、もっと違った展開になったと思うのですが。

つくば市総合運動公園 住民投票条例は2択案で可決!

ちなみに、先週末のつくばフェスティバルでは、総合運動公園の宣伝ブースが出ていました。
いつの間にか、「スポーツの森(Tsukuba Sports Forest)」という名前が登場していますね。
新市建設計画に書かれた仮称が復活してきたようです。

つくば市総合運動公園 住民投票条例は2択案で可決!

おそらく、市長から「いろんな場で市民に説明しろ」というプレッシャーがかかっているのでしょうが、休みの日に駆り出されている職員の方々はご苦労様としか言いようがありません。
(後で代休を取れるのかもしれませんが…)

でも、こんな場で宣伝しても、何も市民の理解は得られないと思うんですよね。
むしろ、必要なのは宣伝ではなく対話だと思います。
総合運動公園がどんなに素晴らしいかをテントに張り出されたところで、
「でも建設費に305億円かかるんでしょ。維持管理費も毎年何億もかかるし」
と冷めた目で見るしかないですね…。

「担当職員が疑問に何でも答えます!」とか、
「市長に質問・疑問を伝えて、すべての回答をウェブで公表します!」とかなら、評価できます。
一方通行の情報発信ではなく、市民の疑問に答え、場合によっては反対意見を取り入れることがなければ、このまま計画を白紙に戻すしかないと思います。

現実問題として、住民投票が終わる夏以降に体育館の実施設計を始めても、2019年の国体に間に合わせるのは厳しいでしょうから、国体会場を返上して陸上競技場メインのこじんまりとした施設を再検討すればいいと思います。
もっとも、こじんまりとした施設になれば40ha以上も用地が要らないので、他に適地が出てくるでしょうね。


同じカテゴリー(総合運動公園問題)の記事

この記事へのコメント
ナットさん、こんにちは!

噂の東京マガジンは、賛成派の市議と反対派の議長の説明が対照的でしたね。
「子どものために」とか「未来のために」とかフワフワした理由で推進するけど、後先は考えていませんでした。
そりゃ、お金がかからないなら、いろんな施設があった方がいいけど、現実はそんなに甘くないわけですから。

でも、市長が市民の意思に反して独善的に進めようとしても、市議さんの意見が変わらない限りは、今の++市議会も通りません。

多くの市民が市政を監視するようになれば、そう簡単には事は運べなくなるはずです。
まずは住民投票で1人1人が意思表示をすることが大事だと思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年07月13日 01:50
はじめてコメントします。噂の東京マガジンで拝見しましたがスタッフの鋭い質問に言い返せず固まってた地方議員が印象的でした。反対投票が多くても白紙に戻さないと言う市長の独裁的な推進が不安でなりません
Posted by ナット at 2015年07月12日 07:09
ミドルさん、こんにちは!

全く同感です。
つくば市では、他地域と違ってまだ右肩上がりの時代の考えが抜けないのかもしれませんね。

「推進する会」のフェイスブックは、全く宣伝になっていないですね。
むしろ逆効果だと思います。
中立的な人に理解してもらえるようにするという感じではないですから。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年06月09日 08:59
名もない主婦さん、こんにちは!

返信が遅くなってしまいました。

それぞれのスポーツをしている方からすれば、新しく立派な施設ができるのは歓迎されると思うので、少なからず賛成している人はいらっしゃいます。
それはある意味当然だと思います。

ただ、問題は市長を中心に強引に大規模な施設を建設しようとしていることです。
みんなの要望をすべて取り上げていたら、競技の数だけ競技場が出来てしまいます。
今の計画はまさにそんな感じです。

選挙を睨んでか、様々な支持者に良い顔をしようとしているように感じます。

地域活性化を願う大穂や北条の住民、各種スポーツ団体、工事の受注を狙う建設業者、設備業者などなど…。

たぶん、市長はそういった団体の声しか聞いていないから、「なぜ反対するのかわからない」のでしょう。
TX沿線住民からすれば、まだまだ街の整備が足りないですし、学校もなければ交流センターもない。近くの公園には遊具もない。

今開発地域に住民が住まなかったら、人口減少が始まっているわけですから、空き地のままになってしまいます。

人口が減れば、これから税収も減っていくでしょう。
それなのに維持費や修繕費がかかる大規模施設を整備しなければならないのでしょうか。

…というのが私の問題意識です。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年06月09日 08:54
さーちゃんさん、こんにちは!

録画していた噂の東京マガジンを見ました。
市長公室長の説明は、「住民投票の結果に関わらず公園建設は止めない」と言ったら反感を買うけど、「反対が多ければ白紙にする」とは言えないので、わかりにくい説明だったんでしょうね。

市長は反対派が攻撃的と言いますが、市長こそ反対派の意見を理解しようともせず独善的だと思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年06月06日 00:48
運動公園とは直接関係ありませんが、こんな話を。

茨城は相変わらず動きが鈍いですね・・・
つり天井は、本当に素早く対策しないといけませんが。
ちなみにつくば市の公立小中学校の耐震化率は94.7%。これも全国平均を下回っています。
しかも、つくば市は国から「早く耐震化を進めろ」と言われる始末・・・
運動公園にそんな巨額をかけるのであれば、その費用を耐震化にも回してほしいものです。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20150602-OYTNT50452.html
http://www.sankei.com/region/news/150603/rgn1506030062-n1.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150603/CK2015060302000150.html
Posted by さーちゃん at 2015年06月04日 01:21
いつもありがとうございます。

先ほど、小生フェイスブツクおすすめページに「つくば市総合運動公園建設を推進する会」なる(怪しい)コンテンツが自動的にUPされました。フェイスブツクされている皆さんは一度検索してみてください。
呆れるほど白々しいコメントが満載で、市原市長周辺や市役所スタッフ?が熱心に今回の市長案の正当性を書き込んでおられます。
それにしても推進派の方もメデイア対策や懇談会でのサクラ?対策など、力を入れはじめましたね…焦りもあるのでしょうが、あまり露骨にやるとかえって賛同者が引いてしまう点がわからないのでしょうかね…

推進派懇談会の模様もそうですが、いくら偉い方や年配御用学者達がコメントしても、これから先30年以上働いて納税義務を果たす若年層やサラリーマン現役層の生の意見には勝てないハズです。
また、推進派から「20年以上前からの悲願だった…」という説明があったようですが、20年以上前はバブル絶頂で今のような少子高齢化やデフレによるマイナスインパクトを想像さえせず、取り敢えず思いつく「ハコモノ」を作っちゃった時代です。

働いても働いても給与が増えず、年金医療介護といった社会保障を支えるだけでも精一杯(若者の負担で高齢層を支える)という若年層の重い現実や実感を、市原市長やその周辺、推進派議員の方は本当にわかっているのでしょうか??

こうした本質をもしわかっているなら
いつの間にか膨れ上がった(施設建設費のみならず膨大な維持管理コストがかかる)今回の計画案を、
まずはゼロベースで白紙に戻し、30年後の後世の方々から「あの時の判断は間違っていなかった」と評価頂けるものを吟味限定する潔さを示して欲しいものです。
Posted by ミドル at 2015年06月03日 00:50
テレビでこの話題を見て
ちょっと気になったのでコメントさせていただきます。
私は 学歴もなにもない ただの主婦です。

でも そんな私でも この計画は疑問ばかりです。

みんなが望んでいないものを
なぜ大金を投じて無理矢理作ろうとするのでしょうか⁉︎

私は 頭が良くないし
難しいことはよくわかりません。
ただ 市長や一部の議員が この計画を推し進めているのは

やはりお金が絡んでいるからだと思いました。
この計画によって 大金を手にする業者
その業者から 市長や議員にお金や

天下りの確約や その他の便宜をはかってもらうのが目的なのではないのでしょうか?

選挙の時に たくさん協力してもらった見返りとか…


あくまでも 素人の私が推測した意見ですけど…

市長が計画を推し進めようとする理由は何なのか 知りたいです。


無理にハコモノを作ろうとする問題は
いつもテレビで取り上げられていますが
私はそれを見る度に

どーせ土建屋から金もらってんだろ‼︎って思うんですけど…

それは違うのでしょうか⁉︎

拙い文章ですいません^^;

是非 ご意見をお聞かせください。
Posted by 名もない主婦 at 2015年06月01日 23:28
『噂の!東京マガジン』見ました。
今回は市長公室のかたが市長の考えを代言していましたが、投票率や賛否の比率を見て判断するということで。
あくまで白紙は考えていないようですね・・・
司会の森本さんがコメントしていましたが、「見直し」というのは計画を白紙にしたうえで、改めて必要なものを計画するものです。
市長がやろうとしている「見直し」はただの「修正」しかありません。
それにしても、市長公室のかたの説明は理解しづらかった・・・
Posted by さーちゃん at 2015年05月31日 16:50
また、読売の地域(茨城)面によると、市長は「反対派が攻撃的な態度をとっており、雰囲気を壊そうとしている」と不満を述べたそうです。
その上、「反対派の意見が建設的ではないことがあり、中には自分(市長)に発言させないように反対派がいつまでも話している場面もある」と批判しています。
http://joyonews.jp/article/9155.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150530/CK2015053002000132.html
Posted by さーちゃん at 2015年05月30日 10:48
『噂の!東京マガジン』で再び運動公園のこと、やるみたいです。
http://www.tbs.co.jp/tv/20150531_C29F.html
Posted by さーちゃん at 2015年05月30日 01:23
さーちゃんさん、こんにちは!

おそらく市長側の人が入っていたのでしょうね。
運動公園に賛成なのにわざわさ住民投票の署名をする人はいないわけですから、反対の人がほとんどのはずなのにそういった発言が出るのが疑問です。

運動公園に反対している人が多くて運動が盛り上がっているのではなく、市長選に備えた動きで反対されているように見せかけるのが今の市長の作戦でしょう。

非常に姑息なやり方です。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年05月29日 09:04
他には、読売の地域(茨城)面によると、他の参加者からは「署名集めはあくまで投票の意義を呼び掛けたもの。
『見直し』を希望する人も多かったのに、いつ反対票を集めることを決めたのか」
「計画に対する市の説明に市民団体の反論が見られず、是非を判断できない」
などの発言があり、市民団体側が返答に窮するところもあったそうです。
また、市民団体の世話人の一人が前回の市長選で落選した、五十嵐立青さんであることから、
「五十嵐さんから発信されたニュースに問題点が全て入っている。
市長選が来年行われるからでは」
といった発言もあり、住民投票が政局がらみの側面を持つことを臭わせる場面があったそうです。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150524/CK2015052402000146.html
Posted by さーちゃん at 2015年05月24日 19:44
さーちゃんさん、こんにちは!

まぁ、今までの行動パターンからいって、市長はひたすら運動公園の良さを一方的に述べるだけで聞く耳は持たないでしょうね。
それをもって、十分に住民に説明したとか言って、住民投票結果を無視するつもりでしょう。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年05月23日 01:26
初めての懇談会はこういう感じだったようです。
ただ、参加者からしてみれば「お互いが言いっ放しで判断できない」だったようですね・・・
http://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20150520-OYTNT50470.html
http://www.sankei.com/region/news/150521/rgn1505210037-n1.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150521/CK2015052102000192.html
Posted by さーちゃん at 2015年05月21日 14:24
以下の記事の通り、住民投票の告示と投票日が決まりました。
また、常陽新聞によると、市民団体は懇談会や広報などでの情報提供などで、
賛否両論を公平に提供することを市に要請したようです。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20150519-OYTNT50406.html
http://www.sankei.com/region/news/150520/rgn1505200021-n1.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150520/CK2015052002000161.html


一応合併の話ではありますが、これまでの勉強会のまとめができたようですのて、載せておきます。
かなりのページがありますので、ご注意ください。
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14278/14658/018129.html
Posted by さーちゃん at 2015年05月20日 20:23
さーちゃんさん、こんにちは!

各紙の論調を比較していただいて、ありがとうございます。

常陽と読売の論調が気になりますね。(特に常陽)
普段から地元ネタの記事を拾うのに、市役所の世話になっているからか、市長のモノの見方をそのまま記事にしたような論調です。

>議員の私利私欲が根っこにあるということを知る市民は少ない

とまで書いていますが、「私利私欲」だという根拠があるなら、なぜ常陽新聞は報道して市民に知らせないのですか?と問いたいですね。

市長がちゃんとやっている時は「車の両輪」でもいいですが、間違っている時は止めることも当然、市議会の役割です。
まるで市長と一緒の方向に向かうのが当然という論調の記事は、一方的な見方で大変不愉快でした。

よほど常陽新聞の記事に腹を立てた人が多かったと見え、その後「読者の声」が掲載されましたね。

これでバランスを取ったつもりかもしれませんが、今回の一件で常陽新聞のモノの見方は市役所目線のフィルターがかかっていることが明らかになってしまいました。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年05月18日 02:35
どんぐりさん、こんにちは!

私もここまで、この問題を追いかけることになるとは思いませんでしたが、あまりにいい加減で巨大な計画を強引に推し進める市長のやり方がおかしいと思って、ここまで来ました。

感情論を書いても1人だけの意見ですが、おかしいと判断できる根拠や事実を示すことで、より多くの人にこの問題を考えていただけたらと考えています。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年05月18日 02:16
Fukuさん、こんにちは!

そうですね、やっとスタートラインという感じです。
でも、いろいろな報道機関も取り上げていますから、変なことをすればまた変に目立ってしまうでしょう。

ただ、この先は市民の間でも盛り上げていかないと、マスコミ頼りだと対決の構図が捻じ曲がって行ってしまうおそれがあります。
(常陽新聞の取り上げ方などは、まさにそうですね。)

市役所が流す上から情報に対抗するには、市民からの情報で対抗していくことも大事そうです。
普段、マスゴミなどとも揶揄されたりしますが、ちゃんと事実を追いかける報道をしてくれるのであれば、やはり必要な存在だと今回再認識しました。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年05月18日 02:12
ミミックさん、こんにちは!

アンケートの実施自体を否定はしませんが、今までのやり方からすれば、真に住民の意向を確認するものではなく、公園建設を推進するための口実にすることは十分に考えられますね。

まず対象者を公平にするためには、市が郵送するのではなく、住民投票の場でアンケートを配布することが良いと思います。
そうすれば、偏りようがありませんからね。
その場で書いてしまえば郵送費もかかりません。

次に、アンケートの内容は市で勝手に決めるのではなく、市議会に諮るべきではないでしょうか。(公平を期すためにも)

それから、自由記述欄を設け、そこに書かれた文言は一切の修正を加えずに公開するべきでしょう。(個人への誹謗中傷などはのぞくとしても)
そうすれば、自分のアンケートが集計に入っているか確認できます。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年05月18日 02:03
本日(15日)の常陽新聞の投書欄に運動公園問題についての報道に対する投書が気になったもので。大まかにこの様な内容です。

今回の住民投票実施決定の裏では、来年の市長選を見据えた様々な思惑があるかもしれないが、「私利私欲」だというのは違うと思う。
「どろどろとした」背景を知らない市民は、踊らされて署名したと見られているが、
実際に署名活動に加わった自分(投書した本人)から見れば全く違う。きちんと意思表明をして署名した。
そもそも、今までの議会のあり方に危機感を持っていた。
報道では市と議会との連携が出来ていないのは残念とあるが、市(市長)の暴走を止めるのが議会の役目ではないのか。
市が説明責任を果たすだけではいけないし、市民の理解を求めるという言い回しやアンケートなどでの結果を理由に計画を進めることは、
一方的な権力の行使であり、民主主義の原則から外れる。
そういう意味でも、正確には市長とその周辺の「私利私欲」ではないのか。
最近のジャーナリズムはどこかパッとしないような感じがするだけに、
常陽新聞には批判精神をもって報道して欲しいと願う。
Posted by さーちゃん at 2015年05月15日 21:10
懇談会の日程が決まったようですので、お知らせします。
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14214/14655/018231.html

常陽のこのあとの記事でも投票日は7月26日・8月2日・9日のいずれかになるのではと見ています。
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14314405237095
http://joyonews.jp/article/8903.html
Posted by さーちゃん at 2015年05月14日 14:32
各紙ともに報道していますね。
それに伴い、見解を出しているところもあります。

○茨城・・・運動公園計画の事業戦略の手詰まり感が否めない。市長は結果に真摯に向き合うべき。

○常陽・・・議長による裁決は、(全国的に見て)ほとんどの場合、執行部寄りを採決する。なので、今回の採決は異例のこと。
今回の採決の決め手は市長側のほうで造反が1人出たこと、委員会の委員長と議会の議長が共に市民側に回ったこと。
よく「市議会と執行部は車の両輪」などといわれているが、つくばの市議会は既に執行部との関係は希薄。それがこの住民投票条例の制定にも表れた。
市長は「政争の具にして欲しくない」とコメント。来年には市長選(と市議選)があるため、慎重になっている様子。
市長がもっと早く、もっと詳しく市民に説明し、意見を真摯に受け止めていれば、今回の事態にならなかったはず。

○読売・・・直接請求権は法律で定められているが、議会が住民投票の実施を決めるということは、間接民主制の原則を自ら放棄することになる。
市議の多くは強い抵抗感があったが、来年の市議選(と市長選)を見据えて、当初から「民意を問う」の言葉の前に沈黙。
議会少数派の革新系議員団が議会の主導権を取れないため、手法の一つとして直接請求権を使った側面が否めない。
市長は市政運営の隙を突かれたのは自業自得と認めている。
ともあれ、住民投票は行われるから、政治の駆け引きに惑わされることなく、多角的な情報を得て、信念と確信をもって投票して欲しい。

○朝日・・・近年は全国的に住民投票の条例の成立が相次いでおり、つくばもその流れに乗った感じ。
賛否が完全に分かれている場合、より住民投票の意義は重くなる傾向にある。

なお、毎日、産経、日経、東京は見解はありませんでした。
Posted by さーちゃん at 2015年05月14日 01:38
運動公園に関しても,ブログ主様の精力的な活動には敬服いたします。
Posted by どんぐり at 2015年05月13日 20:09
速報ありがとうございます。やっとスタート地点まで来た感じでしょうか!

しかし住民投票に反対(市民の意見を聞くことに反対)な議員が半数とは。
どなたが反対したか公表してほしいです。

「え!? 運動公園ってもう決まってるんでしょ」という人もまだまだ多いのが実情かと。某小学校校長はPTA総会あいさつで総合運動公園の必要性について熱く語ったそうです。(←PTA総会と何の関係があるんじゃ??)

色んな方法で、総合運動公園モンダイを広げていかないと~~ですね。
また、TVで取り上げてくれないでしょうか??
Posted by Fuku at 2015年05月13日 15:27
市長は今後、アンケートを実施するそうです。

住民投票の結果はさておき、アンケートの結果を持って、
計画推進を主張する算段でしょう。

「二択の住民投票では、きめ細かく市民の意見が反映されない。
アンケートであれば、よりきめ細かく住民の声が拾える」と、かねてから市長は主張しています。

しかし、アンケートは設問や回答者の選別、集計方法によって、
いくらでも結果を誘導できます

アンケート作成にあたっての設問の内容、アンケートに付随する資料の中身(回答用紙とともに公園計画のメリットを書いた資料が添付されてないか?)、回答者の範囲(ランダムに配布としながらも、計画推進派に近い市民を選んでいないか?)、集計方法(透明性があるか?)、そしてアンケート実施費(以外と高額)などをウォッチする必要があります

出来れば、市議の皆さんには、住民投票のうえにアンケートもやるという屋上屋を架す予算の使い方に対してメスを入れて欲しいし、住民投票同様、アンケートでも決して一方の回答を誘導することがないよう十分に議論して欲しい。
Posted by ミミック at 2015年05月13日 09:07
コメントは承認制にさせていただきます。 可能な限りコメントには返信するつもりでおりますが、返信ができない場合もありますのでご了承ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。