ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2015年05月07日

学園の森にできる謎の多い口腔外科!

県道24号土浦境線の学園の森交差点から少し西に行ったところに、真新しい2階建ての建物ができています!
何かの会社の建物だと思っていたら、何とこれは医療機関でした!
随分と立派な建物ですね…。

【関連記事】




ちょっと調べてみたら何やら微妙な話がでてきたので、他の医療機関の話とは分けて記事にすることにしました。



開院するのは、「筑波口腔外科」という名前です。
でも、建設時には口腔外科などとどこにも書いていなかったはず…と思って以前撮った写真を見てみると、



やはり「パーフェクトペリオつくば新社屋」と書かれており、建築主は「一般財団法人パーフェクトペリオ医療財団」と書かれていました。
「筑波口腔外科」とググっても、求人サイトしか出てこなかったのですが、検索結果中の「パンデミックオーラルサージェリー」という怪しげな名前のサイトにアクセスすると、現れたサイトが「筑波口腔外科」のサイトでした。

このサイトは普通の病院のサイトとは何かが違います。
普通は診療案内(診療時間や曜日など)が前面に出てくるのですが、このサイトでは「クリニック」という項目の院長のでかでかとした写真の下にちょろっと書いてあるだけ。
しかも、「クリニック」という項目は、「患者様の声」や「料金表」の下にあります。
(新規開院するクリニックなのに、患者様の声が既に多数あるのが謎。内容もかなり謎。)
そう、違和感の最も大きいのは「料金表」というメニューです。

開けてみれば、56万円の「軽度慢性歯周炎」をはじめとして数十万円の金額が並びます。
保険適用かどうかも明記されていませんが、金額からしておそらく自由診療でしょう。

さらに、下には「交通費一覧」とあり、「上記治療費は交通費が別途支給されます。」と書かれています。
日本語もおかしいですが、交通費が支給されるとはどういうこと???意味が分かりません。

そして、さらに下には「パーフェクトペリオ ラプチャー料金表」と書かれています。
正体不明の「パーフェクトペリオ ラプチャー」をググってみると、要するにうがい用の水のようです。
学生割引、育児割引、勤労割引、一般割引、定期割引、夫婦割引とあって、なぜか定価表示がありませんが(笑)、安くても500ml×2が1990円、高いと3990円という値段です。
しかも、薄めるわけではないのでものすごく高いですね。

ちなみに、この「パーフェクトペリオ ラプチャー」を販売している会社(パーフェクトペリオ)は、この筑波口腔外科の院長が社長をしている会社です。
いやー、院長さんは商売が上手い!

で、この「パーフェクトペリオ ラプチャー」はどんな成分なのか?と思ったら、「HClO(次亜塩素酸)+NaHCO3(炭酸水素ナトリウム」なのだそうです。(出典:パーフェクトペリオ公式サイト
食塩水の電解水と重曹からつくれるとは、随分と単価が安そうな材料ですね。

かなり利益が上がりそうな商品です。
…商品?医薬品ではないのか?と言われそうですが、医薬品ではありません。
だから通販でも売っています。

そもそもパーフェクトペリオのサイトは見かけは良いのですが、中身が無いですね。
文章も中国人が書いたのか?という日本語ですし、メニューの英語は名詞・動詞・形容詞がめちゃくちゃに入り混じってしますし、見た瞬間大丈夫かな?と思ってしまいます。
よくあるトンデモ商品系(トルマリンとか)のサイトに、こんな雰囲気のサイトがよくありますね。

しかも、医療関係の商品に「パンデミック」という名前を付けるセンスっていったい…。
パンデミックという言葉の意味(=伝染病・感染症)を知っているのか?と疑ってしまいます…。

なお、日本歯周病学会では、「「パーフェクトペリオ」について日本歯周病学会の見解」というポジション・ペーパーを公表しています。
このペーパーでは、パーフェクトペリオについて「歯周治療への応用については、研究途上の段階で科学的根拠が十分であるとはいえず、日本歯周病学会としては安全性や有効性について学術的な場で充分な討議が行われた後に、臨床に応用されるべき」という結論になっています。
つまり、まだ医学的な根拠はないということですね。

しかも、2011年に東京医科歯科大学がパーフェクトペリオの安全性や有効性を追認しているかのような誤解を招く表示をした広告・宣伝をしていたことについて、お詫び文を出しています。
(現在は、セコイことに公式サイトからのリンクが外されているようです。)
今でもパーフェクトペリオの宣伝をしている歯医者さんのサイトには、訂正されずに残っていて安全性も有効性も確認されているとうたわれています。
(しかし、前述のように医学的には十分な検証がなされていません。)

もともと栃木県小山市の「デンタルサロン パンデミック」(←これもパンデミックですか!何か感染しそう…)を拠点としていた院長が、つくばに進出して何を目指しているのでしょうか?
科学の街のイメージを借りて、何やら新たな商売を目指しているのでしょうか…。

診療が年中無休で朝10時から夜10時までというサービス精神あふれる病院ですが、もくろみ通り全国から患者さんが集まってくるのでしょうか…?






同じカテゴリー(医療機関)の記事

この記事へのコメント
謎ですさん、こんにちは!

最近は診療をしているのか、よくわかりませんね。
平日の夜と休日しか通らないので、もしかすると平日の昼が中心なのかもしれませんが、儲かっているんでしょうかね?
診療にはほとんど来なくても、原価がタダみたいなうがい薬で儲かっているのかもしれませんね。

私は歯周病になったとしても絶対行きませんが…。
Posted by Science_CityScience_City at 2017年11月26日 12:18
いつも目の前を通りますが、スタッフもいないし、患者さんも誰1人いない…
でも電気は付いているので、不思議な歯科だなあと思っていました。
少し怪しいですよね^_^;
Posted by 謎です at 2017年11月02日 03:51
歯医者の端くれさん、こんにちは!

サイトを見る限り、パーフェクトペリオウォーターを歯茎に吹き付ける治療しか無さそうですね。
普通の外科治療とか、インプラントとか、何も書かれていませんね。
何やら検査機器はいろいろと揃っていそうですが。

いろいろ検査して、重曹入り消毒液を吹き付けたり、売りつけたりするだけで「治療」になるのですから、随分とお手軽な治療です。
ある意味画期的(苦笑)かもしれません。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年06月16日 08:30
キヨキヨさん、こんにちは!

これだけ画期的な発明をして、論文の1つも書いていないのは不思議ですよね。
そもそも効果が確認されているなら、堂々と医薬品として認可を取ればいいですし、製薬会社も放っておかないはずですね。
これを広めたいと本気で思っているなら当然患者負担が減る保険適用を目指すはずですが、自由診療専門にするところが本当に不思議です(笑)。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年06月16日 08:30
日記、拝見しました。
自分も気になりHP探して見てみましたが、パーフェクトペリオの名前と院長の写真を見てびっくりしました
色々な感想や効果はあるとはおもいますが、個人的にはナンセンスの極みなもんです
あくまで個人的な話ですが…口の中の歯周病の細菌の一部は殺菌されるかもしれませんが、他の善玉菌のような細菌まで細菌されてしまいます
なんでもかんでも無菌にしていいもんじゃないと思ってみたりです
よく思いつく外科の治療…抜歯等はやるのですかね?
自費のしか書かれてませんが、自費専門の医院はあまり地域に根付く気もしないなーって感じてみたりです
かかるかからないは自由と思いますが…自分や家族には絶対勧めません
Posted by 歯医者の端くれ at 2015年06月11日 02:50
 小生も興味をもってみてます。いぜんからですが、どうも、栃木県小山市からの移転なようです。
何故、バンデミックの名前を入れなかったのでしょうかね、以前、宇都宮のショッピングモールに分院を出した時には、バンデミックデンタルサロンの名前で出したので、バンデミック筑波でもよかったものを・・・・・・、宇都宮は一年ほどで撤退したトラウマでしょうか。

 それにしても、口腔外科の名前を使ってるのですが、この院長は 何か口腔外科に関係してるのでしょうか?医中誌データベースで名前を調べると、口腔外科とは関係ない会議録が3つでてくるだけでした。
 もしかしたら、医中誌で調べれば、そのようなことは直ぐわかることさえ知らないのかもしれません。医中誌で調べものをした経験がなかったりして・・・・。
Posted by キヨキヨ at 2015年06月10日 03:57
まぶきょんさん、こんにちは!

まさに、美容形成外科みたいですね。
あちらも効き目がよくわからない治療が盛りだくさんですからね。

自由診療は儲かるのでしょうね。
もちろん、自由診療でも効果があるなら良いのですが…。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年05月18日 01:52
なんか美容形成外科みたいな感じですね(・ε・` )
Posted by まぶきょん at 2015年05月12日 10:48
TDNさん、こんにちは!

病院と販売会社と、どちらのホームページをご覧になりましたか?
病院のサイトで使われている写真は解像度に対して引き伸ばしすぎですね。

会社の方のサイトもなかなかです。
トンデモ商品系のサイトによくある特徴をいくつも持っています。

・なぜか外国人(特に白人)の写真を意味もなく多用する
・一般的でない外国語をカタカナ化した商品名をつける
・「パーフェクト」とか、「奇跡の」とか、過剰な形容詞をつける
・科学的な話なのに客観的、定量的な表現ではなく、情緒的、定性的な表現を多用

香ばしすぎて、せっかくのゴールデンウィークなのに、こんなことを夜中まで調べてしまいました…。

しかし、こんな立派な建物を建てるくらいですから、パーフェクトフェリオで相当儲けているんでしょうね~。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年05月09日 01:59
研究学園在住の医師さん、こんにちは!

情報をありがとうございます。
歯医者さんも競争が激しくて経営が苦しいと聞きますが、効果があるかどうかも検証されていない治療法は問題だと思います。

霊感商法のツボと掛け軸なら、お金はなくなるだけで体には害がないですが、次亜塩素酸の刺激を受け続けるのは良くないように思います。
私の場合、子どもの時の水泳教室に通っていて温水プールの多量の塩素消毒で慢性副鼻腔炎になってしまいました。
素人考えでは、粘膜を刺激し続けるのは長期的には良くないのではないかと思います。
(例えば、口内のがんが増えるおそれがないでしょうか?)
Posted by Science_CityScience_City at 2015年05月09日 01:45
こんにちは。

そのホームページ見ましたが…(失笑)
他人事ながら、制作を依頼したWEB制作会社変えた方がいいですよ(笑)

歯科医って一説にはコンビニと同数あるというくらい過剰みたいなので、
他との差別化するには、こういう新しい治療法や、自由診療をやらないと
儲からないんでしょうね。

この治療を受けられる歯科医一覧なんてありますが、たぶんここの会社から
機械を買った歯医者なんでしょう(書かれている、宣伝している歯医者とは
ここのことなんでしょう)
Posted by TDN at 2015年05月07日 20:41
友人の歯科開業医に聞いてみました。
歯科はエビデンスのない治療がはびこっており、これもその一つであるということでした。パーフェクトペリオは自由診療でお金は儲かるため、結構名のある先生も広告塔になったりしている現状を嘆いていました。
口腔内のバイオフィルムは薄めたハイターでゆすいだくらいでは到底落ちるものではなく、超音波等で定期的に磨いて、長い時間をかけて健康を保っていくものだそうです。

商売としてはやり手でしょうし、まあ効かない薬で重篤な健康傷害は出ないでしょうから霊感商法のつぼとか掛け軸みたいなものだとは思います。しかしまじめにやっている歯医者さんや医者の、医療の価値を毀損する商売だと個人的には考えています。
Posted by 研究学園在住の医師 at 2015年05月07日 13:12
コメントは承認制にさせていただきます。 可能な限りコメントには返信するつもりでおりますが、返信ができない場合もありますのでご了承ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。