ブログランキングに参加しています!良かったらクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2015年03月04日

今回のTXダイヤ改正は研究学園利用者にとっては微妙かも!

3/14(土)にダイヤ改正されるTXの新ダイヤが公開されていました!
(公開先:首都圏新都市鉄道ウェブサイト

【これまでのダイヤ改正の記事】




気になる中身を見てみると、前回が「通勤快速」の新設というインパクトのある内容だったせいもありますが、今回は研究学園駅利用者にとって功罪両面ありそうな内容です。

【良くなった点】
・秋葉原駅始発が繰り上がったので、秋葉原方面から朝早く着けるようになった!
 6:25 → 6:04 と20分早くなりました!
 (前の日にオールで飲んでも安心?です)

・流山おおたかの森で、普通つくば行きに接続する快速がさらに増えた!
 平日の秋葉原発20時、21時と、土日の秋葉原発22時、23時の快速が新たに普通つくば行きに接続するようになりました。
 (今までは守谷行きに接続していたので、快速の前後は研究学園に行く電車が約30分も間隔が空いていました)

【悪くなった点】
・全体的に所要時間が延びている!
 朝夕を中心に秋葉原までの所要時間が2,3分延びた列車が多いです。
 秋葉原発着の時刻はあまり変わらないので、朝は研究学園発が繰り上げられ、夜は研究学園着が繰り下がっています。
 ※ 普通電車を追い越さずに先行させるようにダイヤを変えたため、速度が落ちていると思われます。

・発車時刻が覚えにくくなった!
 今までは朝を除けばパターン化された発車時刻(10分おきや15分おき)でしたが、夕方から夜の発車時刻がかなりバラバラになってしまったので、覚えにくくなってしまいました。

・区間快速から普通に変更になった列車がある!
 平日ダイヤで秋葉原発22時45分の区間快速が、43分発の普通に変更になっています。
 区間快速と普通では、停車駅数は4駅しか変わらないとはいえ、時間が余計にかかってしまいます。

・一部の快速・区間快速がなくなっている!
 平日の秋葉原発20時、21時の快速がつくば行き普通に接続するようになった代わりに、20時30分発の快速がなくなり、21時12分発と24分発の区間快速が統合され18分発になっています。
 ※ 代わりに守谷行き普通が増えているので、トータルでは行き先別の本数に変化は無いようです。

車両基地の容量が足りず、これ以上車両数が増やせない状況ではこれが限界かもしれませんが、特に所要時間の延長が困りものですね。
もちろん、普通が追い越されないようにして、快速系の混雑を緩和しようという意図はわかるのですが…。
本数が増えてくると、普通の私鉄のように朝ラッシュ時はノロノロ運転になってしまうのかもしれませんね。

守谷で快速が普通を追い越せるようになるまでは我慢するしかないのかもしれません。


同じカテゴリー(鉄道)の記事

Posted by Science_City at 06:20│Comments(23)鉄道
この記事へのコメント
さーちゃんさん、こんにちは!

JRの路線図に「龍ヶ崎」という文字が入っているのと入っていないのでは、認知度が相当違うと思います。

首都圏のJR全車両と全駅に設置された路線図に「龍ヶ崎」の文字が入るわけですから、広告を出すと考えれば安い買い物ではないかと。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年07月14日 23:49
こちらは常磐線の話ですが、こちらも住民投票の機運が・・・
ただ、こちらの市長は「住民投票は税金の無駄」とかで否定的ですが。
私としては変えても、それに見合う効果があるのかなぁと思いますが・・・
http://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20150713-OYTNT50411.html
Posted by さーちゃん at 2015年07月14日 20:18
さーちゃんさん、こんにちは!

あー、そうなんですね。
なぜ2014年には出なかったのか謎ですね。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年07月13日 02:01
>なるほど県議の息子さんですか。
>申し訳ないけど、選挙に出ても票は入れたくないですね。
実は自身も2010年の県議選でつくば市選挙区から当選しているんですよね・・・
ただ、2014年の選挙には出ていません。
Posted by さーちゃん at 2015年07月12日 11:25
さーちゃんさん、こんにちは!

なるほど県議の息子さんですか。
申し訳ないけど、選挙に出ても票は入れたくないですね。
JRに15年も働いていたなら、TXを引っ張ってくれば何とかなるというの幻想であることが理解できるはずです。

安中榛名駅は新幹線ができて発展たでしょうか?
TXがうまく行ったのは、終点であるつくばに人を呼ぶ力があったからです。
茨城空港に延ばしても、魅力が無ければ人は集まらないでしょう。

例えTXを延ばしても、成田空港に所要時間や飛行機の便数の点で魅力が無ければ、首都圏第3空港としての役割を果たすことはできないでしょうね。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年07月12日 02:34
先日の茨城新聞でつくばエクスプレスに関するコラムがあったので調べてみたら、
寄稿されたかたが自身のブログにも同じ内容で載せてあったので、こちらを見ました。
このかたの計画は「グランドデザイン」というよりかは「壮大」という感じが・・・
新宿へ、茨城空港へ乗り入れることができるのやら・・・
http://ameblo.jp/kazuya-tsukamoto/entry-11945396798.html
http://ameblo.jp/kazuya-tsukamoto/entry-12018566312.html
http://ameblo.jp/kazuya-tsukamoto/entry-12046425033.html
Posted by さーちゃん at 2015年07月07日 22:41
マギーさん、こんにちは!

つくばエクスプレスのサイトには、徐行するけれどもダイヤには変更がないと出ていました。

守谷駅での停車時間を多少削るなどで帳尻を合わせるのかもしれませんね。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年03月30日 02:16
3月28日からしばらくの間、守谷追い越し車線を作るために、守谷前後を通過する電車は徐行運転になるようです。列車の到着時刻にも影響は出てくるのか、心配です。
Posted by マギー at 2015年03月25日 17:15
どんぐりさん、こんにちは!

情報源を教えていただきありがとうございました。

TXが建設される前なら良かったのでしょうが、もう交流で完成しているので、今から直流化してもあまりメリットがない気がします。

国会の議事録を紹介していただいた、この昭和63年の時に地磁気観測所の移転が実現していれば、また違ったかもしれませんね。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年03月21日 23:56
[誤]上記の気象庁見解の「情報源」は,かつて気象庁関係者です。
[正]上記の気象庁見解の「情報源」は,かつて気象庁関係者だった方です。
Posted by どんぐり at 2015年03月18日 01:39
スレ主様
こんばんは。

上記の気象庁見解の「情報源」は,かつて気象庁関係者です。

なお,
(衆議院)第113回国会 交通安全対策特別委員会 第4号
昭和六十三年十月十二日(水曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/113/0680/11310120680004c.html
にも関連事項が出ていますが,地元負担のことは陽には明記されていません。

私は経済のことは素人ですが,仮に茨城県が移転経費の大部分を支出したとしても,
(直流電車の運行を含めた)長期的な見返りがそれなりに期待できるならば,
県側が地元負担について頑張る価値はあると思います。
Posted by どんぐり at 2015年03月18日 01:37
どんぐりさん、こんにちは!

気象庁も移転可能という結論だったのですね。
私の方では資料が見つけられませんでしたので、もしわかれば教えてください。

いずれにしても、気象庁としては地磁気観測所を移転するデメリットはあっても、メリットは全く無いので、移転費用を誰が負担するのかが問題になると思います。
自動車研究所の高速周回路の移転補償をしたように、地磁気観測所も移転費用を茨城県などの受益者が負担しない限り、難しいのではないでしょうか。

今は、蓄電池が軽く容量も大きくなっているので、交流区間は電池で走るといったことも可能になってきています。
その方が、常総線に乗り入れるといった応用もできそうです。
(6両編成が乗り入れたら輸送力過剰でしょうけど)

地磁気観測所の存在は、以前ほど鉄道整備や輸送力増強の妨げにはなっていないと思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年03月17日 00:31
地磁気観測所関係ですが,
「データ引き継ぎは,国内に柿岡以外の観測点データもあるので,不可能ではない。移転経費等を地元で負担されるなら,移転可能」というのが気象庁見解だったと聞いています。

国際的に貴重な長期間観測データということもわかるが,国策による多数の研究機関移転とその後のTX整備や人口増などを踏まえると,柿岡(のみ)に長期的観測所を固定するのは問題で,過去の移転時期とも類似した状態です。
(上野東京ライン開通しても,県央地区からみると,柿岡観測所の存在はマイナス要因でしょう。)

東アジア地域に必須なサイトだとしても,(海洋に囲まれ,地震や火山噴火,原発事故が起こる)日本列島以外のサイトを選ばなかったのは,時代背景もあったのでしょうか。

「電気設備に関する技術基準を定める省令」の
「第六節 電気的、磁気的障害の防止」には,
「(地球磁気観測所等に対する障害の防止)
第四十三条  直流の電線路、電車線路及び帰線は、地球磁気観測所又は地球電気観測所に対して観測上の障害を及ぼさないように施設しなければならない。」
とあるが,観測所は移転できないとは明記していません。

(さらに,空間に関する短波長変動にも科学的意味があるなら,東アジアの朝鮮半島や中国などからの長期間データも必要でしょうか。)
Posted by どんぐり at 2015年03月10日 02:14
さーちゃんさん、こんにちは!

1980年代に「必要な条件が整えば新しい観測地点へ移転できるという結論に達した」のは、移転してほしい茨城県であって、地磁気観測所ではないので、地磁気観測所としては移転できない、あるいは移転したくないのだと思います。

東京の気象観測点が大手町の気象庁から北の丸に移転しただけで、見かけの東京の気温が下がったくらいですから、移転するとかなり観測に影響が出ると思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年03月09日 01:20
なるほど、そうですか。
Wikipediaでも「地球を取り巻く赤道環電流の強さを表す指数(Dst指数)」のことが載っていましたから、そちらの理由が重要のようですね。
いわば「世界に選ばれし観測所」ですから、移動するとなると、地球規模でデータの変更・調整を改めて行うことになり、かなりの混乱は出てきましょうか。
Posted by さーちゃん at 2015年03月08日 21:08
さーちゃんさん、こんにちは!

「つくばエクスプレスがやってくる」(日本経済新聞社 編)によれば、移転できるという報告書を茨城県が出したが、「データ継続性の問題」などにより移転交渉はうまくいかなかったとあります。(交渉した当時の茨城県企画部長談)

地磁気観測所は、「地球を取り巻く赤道環電流の強さを表す指数(Dst指数)を決定するための、世界で4カ所の地磁気観測所の一つとして国際的に重要な観測所」(地磁気観測所ウェブサイトより)であるため、簡単に移転することはできないのだと思います。

>一応、移転の計画と直流電化への変更の許可は存在しているようです。

たぶんWikipediaの記述を参考にしているのだと思いますが、この記述についての根拠が何も示されていないので、本当かどうか疑わしいと思います。
Wikipedia情報には、かなりウソや思い込みが含まれているので、脚注に出典や参考文献が示されていない情報は安易に信じない方がいいですよ。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年03月08日 15:31
つくば犬さん、こんにちは!

快速・区間快速の混雑が問題になっているので、普通に分散させようという意図は理解できるのですが、結果的に長距離利用者にしわ寄せがきてしまいましたね。

個人的には、普通が多すぎるのが問題で、普通と快速・区間快速の本数比率を1:1にするべきだと思います。
快速が守谷接続になった時に、どんなダイヤになるか期待ですね。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年03月08日 15:05
以前、どこかでコメントしたことがありますが、地磁気観測所は当初、現在の気象庁にありましたが、
東京で鉄道の直流電化が大きく進展しはじめ、影響が出てきたので、大正2年(1913年)に柿岡に移りました。
その後、1980年代に移転などの検討をしたところ、観測については必要な条件が整えば新しい観測地点へ移転できるという結論に達したそうです。
しかし、今のところ、移転や直流電化への変更などはされていません。
一応、移転の計画と直流電化への変更の許可は存在しているようです。
Posted by さーちゃん at 2015年03月08日 11:17
道草さん、こんにちは!

TXが好調なのは、南流山、おおたかの森、守谷と既存の路線との乗り換えがある駅が多いこと、つくば駅に集まる逆の流れがあることの2つが大きな要因だと考えています。

学生時代に東京理科大学の野田キャンパス(東武アーバンパークライン運河駅が最寄)に用事があって行ったことがありますが、とんでもなく遠いイメージでした。
今は、秋葉原から45分くらいですからね。

それから、職場を見ていると、東京方面から通勤して来る人がすごく増えました。
筑波大にも電車通学している学生が増えているそうです。
郊外の鉄道は一般的に片方向に偏ったラッシュですが、TXの場合は両方向であることも良い方向に働いていると思います。

このまま成長が続けば、大規模な投資が必要になりそうですね。

柿岡の地磁気観測所の移転は、TXの計画時にも茨城県がかなり強く要望したようですが、実現しなかったそうです。
観測データの継続性が重要なので、なかなか難しいのだそうです。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年03月08日 02:09
kamichanさん、こんにちは!

TXは何と言っても、「秋葉原~つくば間45分」というのが売りですからね。
でも、朝ラッシュ時については、列車本数が増えてそうも行かなくなったようです。

これ以上の混雑緩和のためには8両化が必要だと思いますが、ホーム延伸や車両の増結が必要なので、なかなか投資の決断が難しいでしょうね。

でも、まだまだお客さんが増えるのであれば、8両化も必要だと思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2015年03月08日 01:50
こんにちは。いつも楽しく拝読しております。

ダイヤ改正の時刻表を先週末の夜に入手し、各列車ダイヤを見てみましたが、おっしゃるとおり、「・・・」微妙な改正でした。
私は研究学園から都内通勤しておりますが、改正後2、3分所要時間が延びたような感じは否めません。
また、秋葉原発の夜の下りダイヤが覚えにくくなったこと、22:45発の区間快速が普通に変わっていたこと、などなど、個人的にはやや残念な改正でありました。
そうはいっても、TX側もいろいろ努力はしているのでしょうから、やはり守谷での快速との接続が好転するよう、工事が進むことを願うばかりです。
Posted by つくば犬 at 2015年03月07日 23:53
TXが運良く黎明期を過ぎ,成長期に入りかけているのだとしたら,ですが。
(好調な原因は,都心からの乗車時間で比較すると,TX沿線の地価が相対的に低いこと,千葉県や茨城県方面なのにイメージが悪くないこと,などですか。)

ラッシュ時の便数を限界まで増やしても,混雑率が高まり,売り物だった両端間45分の便数の割合が相対的に低下するのは,経営者側からすれば結構なことです。
混雑の見返りとして,TXの経営はより健全化しますから。

将来的に,車両基地を拡大または新設するとか,待避線付きの駅を増やすとか,某路線と相互乗り入れを開始するとか,(少なくとも秋葉原から守谷までの)複々線化が必要になるとしたら,立派な鉄道路線ですね。

それから,風通しが良すぎて,寒風が自由に出入りする「高台?ホーム」や,安っぽい外観の駅舎は,改善されないですかね。

(ついでに,柿岡の地磁気観測所?の移転も希望します。)
Posted by 道草 at 2015年03月04日 22:10
おはようございます。
TXの良さは速さと事故の少なさだと思います。
流山おおたかの森↔️つくば利用者としては快速が減るのは残念です。
開業10年程で、これだけ沿線開発が進み利用者が増えたのは嬉しい悲鳴ってトコでしょうか?
Posted by kamichan at 2015年03月04日 08:06
コメントは承認制にさせていただきます。 可能な限りコメントには返信するつもりでおりますが、返信ができない場合もありますのでご了承ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。