ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2014年08月16日

大曽根にある千光寺の昼下がり!

大曽根地区は、旧大穂町の中心にある集落です。
集落の外れに旧大穂町役場(現大穂窓口センター)があります。

大曽根の集落は、県道128号土浦大曽根線(県道19号取手つくば線の旧道でもある)に沿って延びていて、街道沿いの集落の雰囲気を残しています。
学園都市ができるまでは交通のメインルートで、数年前までJRバスも走っていました。



その街道沿いに、「千光寺」というお寺の入口があります。



参道を進むと、三門が見えます。
参道には6月頃はアジサイが咲いていてきれいでした。



この千光寺は天台宗のお寺で、正式には「庭星山千手院千光寺」と言います。
創建は862年といいますから、今から1150年も前のことですね。
当時は宝筐山の中腹にあったそうですが、現在の地に再建されたのは1586年ということですから、それでも江戸幕府成立より前のことですね。
かなり歴史のあるお寺です。



三門の向こうに割と小さなお堂が建っています。
こちらが本堂でしょうか?
その割には小さいような…。
(後で本堂ではないことが分かりました。)



「瞻仰崇信」と書いてあったので人の名前かと思ったら、「せんぎょうすうしん」と読み、「仰ぎ見て、敬い慕い、そして尊び信じること」を意味する言葉のようでした。
帰ってから調べると、天台宗の開祖「伝教大師 最澄」の像でした。



立派な鐘楼もありました。
自動で鳴るのかどうか確認しませんでしたが…。



本堂は参道からずれたやや左奥にあり、立派なお堂でした。
夏の日差しを受けて、セミが鳴いていましたが、なぜかウグイスも鳴いていて、妙な季節感でした。



千光寺は車で通ると気づかないような少し奥まったところにあり、車の音もほとんど聞こえない環境です。
境内を散策しただけで心が落ち着いた気がした夏の昼下がりでした。





同じカテゴリー(歴史)の記事

Posted by Science_City at 23:59│Comments(2)歴史
この記事へのコメント
つくば犬さん、こんにちは!

以前、通りかかった時に、アジサイが咲き誇る参道が気になっていたお寺です。
もうアジサイの季節はとっくに終わってしまいましたが、なかなか趣のあるところでした。
Posted by Science_CityScience_City at 2014年08月20日 00:58
静かで落ち着いた感じのお寺ですね。
いろいろなところに歴史がある感じですね。紹介記事ありがとうございます。
Posted by つくば犬 at 2014年08月19日 22:47
コメントは承認制にさせていただきます。 コメント中にURLを記載する場合にはリンク先と内容を明示してください。また、何度も同じ内容のコメントをするのはお止めください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。