ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2014年07月05日

心温まるTXの車内放送(その2)!

TXに乗っていて、また心温まるアナウンスをする運転士さんに出会いました。

【以前に出会った時の記事】




つくば駅着2時頃の普通列車でした。

今日は、「本日はあいにくの曇り空ですが、皆さまが良い休日を迎えられますよう~」といったアナウンスでした。

この運転士さんに出会うと清々しい気持ちになれます。
次はいつ出会えるでしょうか。


同じカテゴリー(鉄道)の記事

Posted by Science_City at 14:27│Comments(12)鉄道
この記事へのコメント
花さん、こんにちは!

東京上野ラインができても、TXの利用者はほとんど減らないのではないかと思います。
常磐線の方がもともと安いので、TXを利用している人はTXの方が便利だから使っていると考えられます。
TXを使っている人からすれば、特急+αが東京まで直通したところで、ほとんどインパクトはないので、減ることはないと思います。

取手発のエメラルドグリーン帯の快速電車が東京まで多数直通したら、TXの北千住乗り換えの人が増えると思いますが。
Posted by Science_CityScience_City at 2014年07月16日 00:51
はじめまして。
TXの社内放送は確かに癒される感じしますよね。
ところで来年上野東京ライン開通したらTXの利用客は激減すると思いますか、それとも微減にとどまると思いますか?
私は微減にとどまると思います。いやむしろ増加するかなとも思えなくないです、なぜなら宅地化が進んでいるからです.長々と失礼しました。
Posted by 花 at 2014年07月14日 23:00
ケンさん、こんにちは!

情報をありがとうございます。

同じように感じた人が結構いて、うれしくなりました。
TXがワンマン運転(=車掌さんはいない)であることが意外と知られていないのも新たな発見でした。

こういう運転士さんが増えるといいなと思いつつ、あまり増える新鮮味がなくなるかなとも思ったりもします。(←あまのじゃくな自分…)
でも、会社に言わされるのではなく、この運転士さんのように自分の言葉でお客さんに語りかける人なら、どんどん増えていった方が良いかも!

TXでは駅員さんも、全体的に他の鉄道会社より明るくにこやかな感じがします。
Posted by Science_CityScience_City at 2014年07月11日 00:39
こんばんは。
この心温まる車内放送は多くの利用者の心をつかんでいるみたいです。
http://matome.naver.jp/odai/2139783016434092301
http://tsukuba-daigaku.com/?p=14124

この様な利用者を気遣ったアナウンスが出来る運転手さんは素敵ですよね。
そして録音放送よりも凄く人間味を感じて、直接聞けたときには嬉しくなりますね。
この運転手さんのような方がこれから増えていって欲しいです。
Posted by ケン at 2014年07月10日 18:59
メルさん、こんにちは!

席を譲らずに寝たふりをしている本人は、バレていないと思っているのでしょうが、一部始終バレバレで人間として恥ずかしいと思います。

メルさんのお子さんは、言われなくてもちゃんと席を譲れたのですね。
想像以上のお子さんの成長に驚きつつ、メルさんはうれしかったことでしょう。
将来が楽しみですね!

うちの子の場合、譲ろうとしたまではいいのですが、緊張して立ち上がったまま黙って硬直してしまい、相手のおじいさまは座らせてもらって良いものかどうか迷っている有様でした。
う~ん、もう一息!
Posted by Science_CityScience_City at 2014年07月10日 00:17
そうそう、いますね、急に寝ちゃう人。そしてお年寄りが降りると急に目が覚めちゃうんですよね。(笑)

前回 研究学園に滞在中の事です。
TX内でウトウト( 寝たふりじゃない!)してたら「あら〜すみませんねぇ〜。」とお年寄りが席を譲ってくれた人にお礼をしている声で目が覚めました。何気無く見ると席を譲ったのはなんと私の子供でした。大袈裟にお礼をされて少し赤面していました。
ハッとしました。いつまでも子供と思っていたのに。Science_Cityさんもお子さんがいらっしゃるのでこの時の私の気持ちが想像出来ますよね。「心温まる」を軽く通り越して「心が熱く」なりました。
研究学園駅を降りてマンションに向かう途中に私が「いつもお年寄りに席を譲るの?」と聞いたら私の顔を見もせず前方を見据えたまま「当たり前。そんなこと聞かれること自体 侮辱」と言われました。

親バカな手前味噌で失礼しました。
Posted by メル at 2014年07月09日 15:03
ゆきるるみつたろさん、こんにちは!

今日のアナウンス内容を教えていただき、ありがとうございます。
相変わらず気が利いていますね。

わざとらしくなく、すごく自然にさらっと言うところが良いですね!
Posted by Science_CityScience_City at 2014年07月09日 00:03
メルさん、こんにちは!

席を譲ってくれる方はいることはいるのですが、特に通勤通学時間帯は譲ってくれる人が少ないですね。
何本か待ってようやく席に座れたということもあるのかもしれませんが、お年寄りや赤ちゃん連れがいても無視している人が多いですね。

私も足の手術をして、松葉づえをついていた時がありましたが、入院中に筋力が衰えて立っているのが辛いのに、譲ってくれる人はなかなかいませんでした。
まぁ、比較的若いので仕方がない面もあるかもしれませんが、到着した電車のガラス越しに目があったにもかかわらず、ドアが開いた瞬間に寝たふりしたサラリーマンには呆れましたが…。(しかも、そこは優先席でした)

その時、自分の足が健康体になったら、せめて席を譲るようにしようと決心したものです。(…といいつつ、今でも席に座ったら爆睡してしまい譲り損ねていることも多々ありますが…)
Posted by Science_CityScience_City at 2014年07月09日 00:01
本日はお暑い中お仕事、学校とお疲れ様でした。台風が近づいておりますので、早めの準備をお願いして、被害に合わないようにしてください。

本日、通勤快速の下り電車でのアナウンスでした。

心温まるアナウンスでした。
Posted by ゆきるるみつたろ at 2014年07月08日 22:50
安福寺の鐘からTXのアナウンスまでテクノロジーに頼る日本になってしまいましたがまだ心温まるアナウンスをして下さる方がいる事、そしてそれを受け止めて記事にして下さったScience_City さんに私は感心しています。

先日 80代の両親に付き添いTXで東京に行く用事ができました。父は腰が90度近く曲がっている老人ですが行きも帰りも席を譲ってくれた人はいませんでした。両親は「いつもだよ」と気にもしていない様子でした。心温まるどころか悲しかったです。
でも皆さん 疲れているんでしょうね。
Posted by メル at 2014年07月08日 19:17
マサトリさん、こんにちは!

感動というほどではないですが、ほとんど自動放送のTXでこういったアナウンスを聞くと人間味を感じてホッとします。

何せ緊急停止や駆け込み乗車があった時の注意ですら録音放送のTXですから、アンドロイドが人間の心を持ったみたいな(おおげさか…)感じがします。
Posted by Science_CityScience_City at 2014年07月07日 00:23
ちょっとした心づかいがいいですね。
マニュアルだけで動いていると、こんな言葉は出ない。
それに感動する Science City 氏の心もすばらしい。
Posted by マサトリ at 2014年07月05日 17:36
コメントは承認制にさせていただきます。 可能な限りコメントには返信するつもりでおりますが、返信ができない場合もありますのでご了承ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。