ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2014年03月07日

筑波嶺の峰より落つる男女川!

先日、男女川を稲葉酒造場に買いに行ったときに、子供に「百人一首に出てくる男女川(みなのがわ)はどこを流れているの?」と聞かれました。



言われてみれば、川自体を見たことがありません。
(写真は歌碑。地図を見ると、この裏手の方を男女川が流れているようです。)



百人一首で有名なこの歌に出てくる「男女川」はどんな川なのか、調べてみました。
男女川は筑波山ケーブルカーの宮脇駅の傍を下り、桜川に合流する川だそうです。

調べてみると、県道14号筑西つくば線が男女川を渡る橋は、「男女川橋」という名前になっています。
ここからもう少し下ると、櫻川に合流します。
ストリートビューでも、橋の名前が確認できます。

大きな地図で見る

もう少し上流のストリートビューを見ると、もう小さな川です。

大きな地図で見る

川の流れに沿って筑波山を遡ってみると、県道139号筑波山公園線が川をまたぐ橋は「男女橋」という名前のようです。

大きな地図で見る

ストリートビューで確認できる1番上流は、つくばグランドホテルの脇のようです。
ここでは水の無い沢のような状態に見えます。

現代では百人一首でうたわれた男女川とはだいぶ雰囲気が異なっているのだろうと思いますが、
万葉集の時代には、どんな流れだったのでしょうね?

大きな地図で見る


同じカテゴリー(自然)の記事

Posted by Science_City at 00:12│Comments(2)自然歴史
この記事へのコメント
さーちゃんさん、こんにちは!

うちのATOKだと、「みなのがわ」と打っても、相撲取りの男女ノ川しか変換されないのですよね。
百人一首で有名でも、地名としてはそうでもないということでしょうか。
Posted by Science_CityScience_City at 2014年03月10日 23:45
ちなみに戦前、このつくば(当時は筑波郡)出身の男女ノ川(みなのがわ)という
横綱がいました。
四股名の由来は出身である筑波郡と、百人一首の
「つくばねの みねよりおつる みなのがわ・・・」から取られました。
この横綱、色々と人生があったようで・・・
詳しくはWikipediaなどで調べてみればわかりますよ。
Posted by さーちゃん at 2014年03月10日 01:06
コメントは承認制にさせていただきます。 可能な限りコメントには返信するつもりでおりますが、返信ができない場合もありますのでご了承ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。