ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2013年10月22日

葛城北線建設中!(その4)

時々コストコ脇近くの交差点から葛城北線の工事の様子をのぞいていますが、結構進んできました。

【過去ログ】




もう車道の舗装が終わって、照明柱も立っています。



コストコ近くの交差点から東に移動します。



筑波ハムと新つくばホームの脇の交差点予定地から、コストコ方面を望んだ写真です。
この1か月でかなり工事が進みました。
この区間は、今のペースだと年内には開通できそうです。



同じ地点から反対方向の東側、西大通り方面は蓮沼川の手前(あおぞら保育園の近く)までかなり前から完成していますが、開通はまだです。



この地点が交差点になります。
さらに東側に移動します。



あおぞら保育園近くの交差点予定地の様子です。
この地点が葛城北線の当面の終点になります。(URが行っている区画整理地区内だけの工事であるため)
左手に筑波ハムの陣屋、右手に新つくばホームの建物が見えます。

この写真の反対方向は工事が未着手で、蓮沼川を渡る橋も昨年度に片側の橋台だけ完成したまま、今年度は工事がされていません。
おそらくこの地点から蓮沼川までの用地が未買収なのでしょう。
また、ここから西大通りの古内交差点までは、区画整理地区外なのでURではなくつくば市が工事を発注することになります。

つくば市担当区間は、まだまだ開通は遠そうです。




同じカテゴリー(道路)の記事

Posted by Science_City at 08:19│Comments(8)道路
この記事へのコメント
nakさん、こんにちは!

コストコ渋滞はこの道路ができると少し解消しそうです。

しかし、コストコはなぜ1番目立つ敷地の手前に搬入口を設けたんでしょうね。
初めてのお客さんが搬入口の手前で一旦減速してしまうので、渋滞を招いています。
裏側に搬入口を設けてくれれば迷うことがなかったのにと思ってしまいます。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年10月28日 01:26
つくば犬さん、こんにちは!

研究学園は、開発規模に対して道路網が貧弱だと思います。

4車線道路が東西・南北に1本ずつで、しかも沿道に大規模商業施設が多いので、混雑しないわけがないです。
あと、既存の道路から研究学園に向かう時、国土地理院前・研究学園・大境のどれかの交差点で右左折して入ってくる場合が多いので、どうしても交差点が混雑してしまいます。

葛城北線が出来て多少分散すればよいのですが、この道路は2車線しか無いのがネックです。
ちょっと道路の建設費用を削り過ぎたように思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年10月28日 01:21
これが開通すれば、イーアス南東角の右折待ちを使わなくてもコストコに行けますね。少し遠回りですけど、ケーズデンキ行くにも選択肢が増えていいですね。
Posted by nak at 2013年10月24日 22:14
開通状況のレポートありがとうございます。

道路を作りまくるのがいいかどうかはあるかもしれませんが、つくばはやはり車が無いと不便なので、研究学園周辺のお買いものが少しでも渋滞解消で快適になるといいですよね。
Posted by つくば犬 at 2013年10月23日 22:31
TKBさん、こんにちは!

もうほぼ完成に近い状態でした。
葛城北線が開通すると、区画整理地区内の道路整備はほぼ完成ですね。

地区外には、新都市中央通りとか、中途半端な4車線になっている平塚線(の延長)とか、まだ計画が残っています。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年10月23日 08:50
kenzyさん、こんにちは!

葛城北線は、408号の古内交差点につながる計画です。
研究学園は東西方向の道路が少なくて、西大通りにつながる道がよく混んでいるので、ここができると分散できて便利だと思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年10月23日 08:47
もうできてますね。研究学園の道路工事はこれでおわりですかね?
Posted by TKB at 2013年10月22日 16:05
こんちは。

この道は将来的に国道408号にぶちあたるんですかね?

土浦方面への抜け道の一つとしてできれば、うれしいですねー。
Posted by Kenzy at 2013年10月22日 12:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。