ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2013年08月04日

イーアスのフードコート 大地食堂!

イーアスでの買い物の後、時間もなかったので昼ごはんはフードコートへ。
子どもは飽きずに毎回マックマックの連呼。
親はいい加減飽きているので、ご飯ものをと思い、すき屋のところに来ると、反対側に見慣れない店があるではありませんか。

その名は「大地食堂」。
名前に魅かれて、こちらの店の列に並びました。



以前は「おおがまや」があったところですね。
「おおがまや」には1度も行ったことがありませんでしたが…。
(そもそも、フードコートの南側半分に行ったことが今まで無かったのです)

フードコートだからと、すき屋と同じように考えていたのが失敗なのですが、定食屋なので注文を受けてから1から作っているのですね。
昼時のため待たされること15分以上…。
子どもは食べ終わり、そろそろ「うちの注文を忘れられていないか?」とイライラしだした頃、手元の呼び出し装置が鳴り出しました。



こちらが茄子と豚肉の味噌炒めです。680円だったでしょうか?
味付けもまぁまぁ、フードコートとしては合格点レベルでした。
フードコートでもちゃんとした定食を食べられるのは有り難いです。
でも、どちらかといえば1階の店向きのような気がしました。

そういえば、1階のレストランアベニューの「町家食房さくら」が閉店していました。
あまりお客さんが入っているところは見なかったので頑張った方だとは思いますが、「○○を食べに行こう!」という専門店が多い中、漠然とした和食の店というところが弱かったのかもしれません。
お手軽な和食としては大戸屋がありますからね。
ちょっと残念です。
後にどんな店が入るのでしょうか。

ちなみに、時計専門店の「クロッカル」も完全閉店セールをしていました。


同じカテゴリー(お店)の記事

Posted by Science_City at 23:59│Comments(6)お店
この記事へのコメント
ととろさん、こんにちは!

なるほど、お子さんの目をマックからこちらに向けることができるわけですね。
今度は、うちの子にも試してみます。

何しろ、「昼ごはん、何食べる?」「マック!」と即答しますもので。
ちゃんとうちの子も、定食を食べてくれますでしょうか…。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年08月06日 00:48
TKBさん、こちらもコメントし忘れました。

A44街区は、また微妙な大きさの土地に分割していますね。
本来6万平米の土地ですが、買い手がつかないので分割したのでしょう。

集客施設としては小さい土地なので、クルマ屋さんか飲食店にちょうど良い大きさの気がします。

あまり期待せずに吉報を待ちましょう。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年08月06日 00:44
TKBさん、こんにちは!

隣はピザ屋でしたっけ。
そば屋があった記憶は微かにありますが…。
客が少ないのではなく、店員が少なくてつぶれたのですか!
まさか、ブラック企業だったとか…。

考えてみると、我が家は軽く食べるならマック、お茶をするならサンマルクカフェ、食事をするなら1階にする場合がほとんどなので、フードコートのそれ以外の店って、ほとんど来たことが無かったのです。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年08月06日 00:28
 マックしか食べなかった うちの子たちですが

ここができてからは 唐揚げ定食を食べるようになりました

でも唐揚げだったら 私だっておいしくできるのに・・・

なんて ちょっとライバル意識メラメラになりますが (*^。^*)
Posted by ととろ at 2013年08月05日 18:59
あと、言い忘れましたが、A44街区の入札始まりますね。だいたい広いですので、温泉とか、湯楽の里とか、レストランだといいですね。車屋だったらがっかりですね。
Posted by TKB at 2013年08月05日 18:03
たしか隣の所ってピザ屋でしたね。その前ははそば屋でしたが。元フードコートにあったそば屋実は母が働いてました。潰れた原因は店員が少なかったため、潰れたらしいです。
Posted by TKB at 2013年08月05日 15:19
コメントは承認制にさせていただきます。 コメント中にURLを記載する場合にはリンク先と内容を明示してください。また、何度も同じ内容のコメントをするのはお止めください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。