ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2013年09月07日

葛城地区土地区画整理事業の事業計画が変更に!

7月に「葛城地区土地区画整理事業に関する縦覧のお知らせ」で事業計画の変更がされることを知ったので、変更内容を調べてみました。


※「つくばエクスプレス沿線のまちづくり」の研究学園葛城地区の土地利用計画図に加筆
(http://www.tsukubaexpress-ibaraki.jp/wp-content/uploads/2013/06/katsuragi_keikaku3-389x600.jpgに加筆)

大部分は細かい変更で、しかも現実の工事は既に変更後の計画を前提にしている場合もあるようです。

大きなところでは、変更点は以下の通りです。
①ハウジングパーク西側の森が、民有緑地から公共緑地に変更
②西側の大規模宅地が分割され、区画道路や歩行者専用道が追加
③つくばエクスプレス沿いの歩行者専用道が追加
④葛城北線の延長にある西側の区画道路の線形及び幅員の変更

①については、研究学園の土地区画整理地区に残された貴重な森が、民有緑地から公共緑地になることで将来的にも残されることになったということのようです。

②については、なかなか大規模宅地をまとめて開発しようという意欲的なデベロッパーが(ダイワハウスくらいしか)いないということで、土地を分割して小規模に開発しやすくなるようにということのようです。
確かに、「来夢の杜」とか、「ナビアスタウン」とかも、結構完売まで時間がかかっていましたので、100戸を超えるような大規模開発に二の足を踏むデベロッパーが多いのでしょうね。
ただ、ダイワハウスのSMA ECO Cityから葛城3号近隣公園まで、歩行者専用道が南北に縦断する形になったのは良い感じですね。
研究学園のペデの南北幹線になりそうです。

③については、以前ブログで紹介しました。

このペデは、実はまだ計画に位置付けられていたわけではなかったようですね。
既に工事は、この計画変更を先取りした形で完成済みです。
こちらは、研究学園のペデの東西幹線になりそうです。

④については、葛城北線を西側に延長していくと、東光台の北部を横断する区画道路を経て、その先は広域農道「アグリライン」につながることから、将来的に延長できるように線形や幅員を見直したように見えます。
距離にして400~500m整備するだけで、西大通りから上郷地区に至る幹線道路になるので、将来を見据えた変更なのかもしれません。

今回の変更で、葛城地区土地区画整理事業の計画は最終形になるようです。



同じカテゴリー(まちづくり)の記事

コメントはしばらく承認制にさせていただきます。スパムコメントが多いため、コメント中にURLを記載する場合にはリンク先と内容を明示してください。記載のない場合は承認しません。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。