ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2013年05月04日

科学万博記念公園に科学万博の名残が!

1985年に開催された科学万博。
当時小学生だった僕ら(年がばれますね)は、それぞれ親の許可をもらって、友達と常磐線で万博中央駅(今のひたち野うしく駅)まで電車で来て、シャトルバスで万博会場まで行きました。
見るもの、体験するもの、すべてが新鮮で興奮した覚えがあります。
当時世界一(だったはず)の観覧車(テクノコスモス)から眺める会場は、きらびやかでした。

そんな経験から30年近く経ちましたが、その頃はつくば市(当時は谷田部町でしたが)に住むことになろうとは、そして自転車で万博会場跡地に来られるようなところに住むとは、想像もしませんでした。
そんな思い出深い、万博会場跡地。
科学万博記念公園というからには、何か万博の痕跡がないかな~ということで、散歩がてらウロウロしてみました。



科学万博記念公園は、万博当時は「エキスポパーク」と呼ばれていて、ほぼ現状に近い形でした。



万博記念公園の中心にある「ぽっちゃん池」です。
カモやアヒルが住んでいます。
この池は、単なる池ではなく防災調整池となっていて、もともと森だった万博会場の土地を開発するにあたり、大雨の時に一旦溜めこんでして徐々に川に流す役割を果たしていた森の代わりに大雨を溜めるためのものです。



「びゅんびゅん峠」と呼ばれているこの峠(?)は、防災調整池の堰堤(えんてい=ダム)です。



調整池の水位が上がった場合には、こちらから流出して破堤を防ぎます。



そうそう、万博の痕跡を探しているのでしたね。
公園内には、万博当時の案内板が残されているのですが、ほとんど地図の部分が褪色して読めなくなってしまっています。



しかし、公園の中をウロウロすると、1枚だけ地図がほぼ残っているものがありました!
森の中にあって、直射日光を浴びなかったために、30年近く経っても残っているようです。

この地図を見ると、今のテニスコートのあたりにSONYが提供したジャンボトロンがあり、テニスコートの脇の休憩所あたりに、HSST(常電導式リニアモーターカー)の乗り場があったようです。
また、池を横断するロープウェーなんかもあったようですね。

今の静かな科学万博記念公園からは、想像が難しいですが、万博開催時の興奮や喧騒を少しだけ思い出しました。




同じカテゴリー(公園)の記事

この記事へのコメント
スーさん、こんにちは!

当時小学生ということは、同年代ですね。

当時は横浜に住んでいましたが、小学生だけで万博に行かせるとは、うちの両親も思い切ったことをさせたものです。
(もちろん、それまでに同行の友人たちも含めて実績を重ねていたからではあるのですが。)

あの時のワクワク感は、今でも忘れられません。

2005年の愛知万博もワクワクしましたが、やはり筑波の万博の方がワクワクしましたね。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年05月06日 00:27
いやー懐かしいですね!若干涙が出ました!!

我々も当時は小学生でしたが思出だしました。

仕事が休みの日にでも行ってみようかと思います!
Posted by スー at 2013年05月05日 10:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。