ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2013年04月19日

新都市中央通りの延長工事の様子!(その2)

また新都市中央通りの工事を見てきました。



今回は、前回と違う場所から観察してみました。
この写真は、通りの北側(ばんどう太郎の脇あたり)から撮影したものです。

本格的に工事が始まっていて、土を盛ってスロープを造っていました。
手前の昔からの小道からスロープを上がって、新都市中央通りにぶつかります。



盛った土を締め固めているところです。
最終的には、出っ張っているマンホールのところまで土を盛るのだと思われます。



こちらの写真は、上2枚の写真と反対側(南側)から撮ったものです。
右側が研究学園駅側になります。
右側の土地と同じ高さまで盛土しているところです。



東光台側から工事現場を見た様子です。
こちらはもう舗装の路盤ができあがりつつありります。



その先で、前3枚の写真のような盛土工事を行っています。
本格的に工事が始まったと思ったら、あっという間に進んでいきますね。




同じカテゴリー(道路)の記事

Posted by Science_City at 01:20│Comments(6)道路
この記事へのコメント
TKBさん、こんにちは!

今の新都市中央通りの終点、ばんどう太郎のところの交差点には、信号が取り付けられるように支柱が以前から建てられていますね。

新都市中央通りがつながれば、交通量が激増して南北に通り抜けるには信号機がないと無理が出てくるでしょうから、開通までには信号機がつくのではないかと予想しています。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年04月20日 23:51
コアラさん、はじめまして!(かな?)

新都市中央通りが万博公園駅前まで、全線つながるにはもう少し時間がかかりそうです。
以前、l-supportさんのブログでも紹介されていたと思いますが、面野井のところで遺跡の発掘をしていたようですし、前にブログで写真を紹介しましたが、用地買収ができていないところが残っていますので、まだ目処は立たない感じです。

気長に待つしかなさそうです。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年04月20日 23:47
yuzさん、はじめまして!

ブログを読んでいただいて、ありがとうございます。

工事としては基本的に土を盛って締め固めて、舗装をするだけなので、割と早くできると思います。
橋みたいに基礎杭を打って…となると、それなりに時間がかかりますが。

ちなみに、新都市中央通りとは既存の細い道がスロープを上がって接続する形になります。(工事の公示の際に公開された設計図面による)
中央分離帯ができますので、今までのように南北に通り抜けることはできなくなります。
細い道から左折して新都市中央通りに入る(またはその逆)だけしかできなくなります。
まぁ、今でもほとんど交通量が0に近いので、工事中は3ヶ月にわたって通行止めにできるほどですから、最低限新しい道と接続することで義務は果たした形になります。

北側と南側のスロープは、それぞれ8%(100m進むと8m上がる)勾配で設計されています。
8%というと割と急ですが、確か首都高速の中央環状線などでも一部にこれくらいの勾配が存在します。
北側は2mほど南側は3mほどの高低差があるようですね。

また、工事の動きがあればブログで紹介したいと思います。
Posted by Science_CityScience_City at 2013年04月20日 23:41
こんにちは。家族レストランの通る交差点ありますよね?道路ができたら、家族レストランの通る交差点の信号機ができるんじゃないんですかね?
Posted by TKB at 2013年04月20日 21:36
万博記念公園に住んでいる者です。この道路の研究学園までの開通が本当に待ち遠しいです!開通はいつ頃になるんでしょうか⁈ねぇ〜…。
Posted by コアラ at 2013年04月19日 18:26
はじめまして

いつも楽しく拝見しています。

私もこの道路の開通を心待ちにしている一人ですが、
工事が始まったら本当にあっという間にできそうですね!!

ところで、新道と、既存の細い道路との接続は
どうなるのでしょうか。

北側からの写真を見ると、スロープで接続して
交差点になるようにも見えますが、
南側からの写真だと、車道で接続するには
あまりに急な段差のようにも見えます。
Posted by yuz at 2013年04月19日 07:39
コメントは承認制にさせていただきます。 可能な限りコメントには返信するつもりでおりますが、返信ができない場合もありますのでご了承ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。