ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村 茨城県つくば市 ブログランキングへ

2017年12月25日

筑波大のアリーナ建設予定地が吾妻の職員住宅の場所に決まった!

以前、ブログでも取り上げた、筑波大学が計画しているアリーナの建設予定地が、当初想定されていた春日地区(旧図書館情報大学)ではなく、吾妻2丁目の職員住宅が建っている土地に決まったという報道がありました!

【筑波大学が計画しているアリーナに関する過去の記事】



※建設予定地内にある823棟

【関連する新聞記事(いずれも12/22付)】
・茨城新聞「筑波大アリーナ 候補地は職員住宅敷地 20年度にも開業
・読売新聞「アリーナ、職員宿舎の敷地に新設…筑波大
・毎日新聞「アリーナ整備 TXつくば駅「市の活性化図る」 7000人以上収容
・日本経済新聞「筑波大、アリーナ建設候補地を決定
・日刊建設工業新聞「【事業スキーム具体化めざし関連業務発注へ】筑波大学、アリーナ新設の候補地決定

春日地区に建設する場合の想定は、西大通り沿いの自然林をほぼ全部伐採する計画でした。
以前の記事にも書いたように、これはつくば市の地区計画に全く適合しない計画で、とても賛成できない案でした。
駅からの距離も10分程度かかると想定され、駅から近道をしようとするとキャンパス内を抜けることになり、集客施設を造るにはあまりふさわしい立地とは言えませんでした。

しかし、吾妻2丁目の大学宿舎の場所であれば、駅からも徒歩5分ほどと近く、中央公園から図書館の脇を抜けて、道路を渡ったところですから、多数のお客さんが集まるイベントでも対応できそうです。
(ただ、今お住まいの方は追い出される形になるので、複雑な気持ちだろうと思いますが…。)  続きを読む


Posted by Science_City at 06:51Comments(8)まちづくり公共施設